レーザーピーリングに失敗するとどうなってしまうの?

ニキビ肌や黒いブツブツ毛穴などのお肌の悩みは女性に限らず、誰でも持っているものです。最近注目されているレーザーピーリング治療に失敗すると、どんなトラブルが起こるのでしょうか。
様々なお肌の悩みを解消できるレーザーピーリングは、肌にレーザーを当てることで古い角質や毛穴の汚れを取りのぞく、肌に負担の少ない治療法と言われています。しかし、メリットだけではなく、副作用やさらにお肌の状態を悪化させてしまうという副作用が起こることがあります。具体的には、施術後に皮膚の発赤、ピリピリとした痛みやほてりなどが起こることがあります。さらに、ニキビ肌の悪化など肌荒れを起こしてしまうというトラブルもまれに起こる場合があります。
それではどうしてこのようなトラブルが起こるのでしょうか。
副作用の原因として
・光過敏症などの持病があった。施術後に日焼けをした。
・アフターケアが不十分。こする、掻くなど肌に刺激を与えてしまった。
などがあります。
レーザーピーリングに失敗するとどうなってしまうの?

施術後3つ注意点

レーザーピーリングとは、肌にカーボンを塗布し、レーザーを照射することで毛穴の汚れを弾き飛ばしたり、真皮に刺激を与えてコラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌を活性化させキメの細かい肌にするという治療法です。毛穴の汚れのほか、小じわや薄いシミ、赤ら顔も改善します。ニキビ肌にも施術でき、毛穴の汚れを除去し、引き締めることで新しくできるニキビを防ぐこともできます。
レーザーピーリングはまれに副作用があるとはいえ、ケミカルピーリングなどに比べても肌に優しく副作用の少ない、高い効果の得られる優れた治療法です。
施術の失敗というよりは、体質によるものや間違ったアフターケアが、発赤や肌荒れを起こしてしまいます。
施術後は
・こする、掻くなどして皮膚に刺激を与えない。
・紫外線に当たらない。日焼けをしない。
・保湿などのケアを、しっかりする。
など医師の指導に従い、不安なことはしっかりカウンセリング時に確認することが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。