フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

受ける前に!Qスイッチヤグレーザーのデメリットを理解しておこう

Qスイッチヤグレーザーは、しみ・あざ・ほくろ・ソバカス・脂漏性角化症・太田母斑・異所性蒙古斑・タトゥーなどを肌から除去する施術に用いられますが、強い出力量のレーザーを肌に照射するため、当然ながらデメリットも発生します。
Qスイッチヤグレーザーを受けてから後悔しないためにも、あらかじめデメリットは理解しておく必要があります。
まず、肌へのデメリットとして起こる可能性があるのが、赤みと痛みです。
レーザーは強いエネルギーが肌に与えられるため、肌に負担がかかります。
そのため、施術後はレーザーを照射した周辺が赤みを帯び、日焼けをしたようなヒリヒリとした痛みを感じます。
これらの症状は、施術してから2時間以内には治まり、その後はレーザーで破壊された色素がかさぶたになります。
かさぶたは無理にはがそうとせず、自然にはがれるまで待ちます。
大体10日くらいでかさぶたははがれますが、色素沈着を防ぐためにもハイドロキノンなどでケアする必要があります。
受ける前に!Qスイッチヤグレーザーのデメリットを理解しておこう

根気強いケアが必要

Qスイッチヤグレーザーは、年数が経過しているシミにも効果がありますが、1回ではきれいに除去できない場合もあり、予想外に時間と料金がかかる可能性もあります。
そのため、Qスイッチヤグレーザーを受ける前に、施術回数と料金は明確に理解しておきたいものです。
また、Qスイッチヤグレーザーの施術後のデメリットとして考えられるのが、色素沈着で、施術を受けた人の約半数が経験すると言われています。
色素沈着が起こると、「シミが再発した」と心配になりますが、これは一時的な症状のため、施術の失敗ではありません。
この場合、外用薬などで丁寧にケアをすればきれいな状態になります。
ただ、治療には半年くらいかかる場合もあるので、根気よくケアし続ける必要があります。
施術後は、肌はとてもデリケートになっているので、色素沈着のリスクを減らすためにもケアは怠らないようにしましょう。
紫外線はシミを作る大きな原因となるため、日焼け止めは必ず塗るようにします。
そして、肌のターンオーバーが正常に為されるためにも、肌をしっかり保湿するようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。