フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目尻のしわの美容整形の修正、やり直しについての常識とは

目尻のしわの美容整形の修正として、やり直しについての常識としては、まずはドクターとのお直しについての話し合いです。目尻のしわの美容整形で、よくある治療方法としては、筋肉に対して作用をする成分を注入する方法です。その注射をして効果が薄いとしたら、ドクターとよく話をして、どの部分へ入れるかを、マーキングをしながら相談することです。ベテランのドクターになってくると、マーキングなどは全くしないで、片手間で注射を打って去っていくような光景もありますが、ベテランという意識に慣れが出てきてしまうと、長くドクターをやっていても、満足な仕上がりにできないことはあります。逆にまだ若いドクターであっても、不慣れながらも患者さんを大切にして、丁寧に話をして、マーキングもしっかりして、上手に仕上げてくれるドクターもいます。お直しをすることになったら、ドクターと話をしっかりと落とし込むことは、必ずやっておかないといけません。

目尻のしわの美容整形の修正、やり直しについての常識とは

パワーが強ければ良いわけではない

目尻のしわの美容整形の修正で、医療機器でのやり直しについての常識としては、結果を出すために施術の出力が高くなるということです。目尻のしわの美容整形をする手段として、現代の美容のための医療機器は、とても高性能になっています。医療用に製造をさせる医療機器ですので、エステサロンで使っているような、美顔器よりもずっと高いレベルのパワーが出せるのも、医療用の機器の特徴でもあります。目尻のしわに治療で使ってみて、あまりしわへの効果がないと感じたのであれば、施術の時のパワーが低かったことも考えられます。ですから目尻のしわの治療で、医療機器で照射をするお直しの時には、前回の治療の時よりも高いパワーでの照射をしていくので、施術をする時の痛みは強くなります。どのような医療機器で美容の治療をするかにもよりますが、パワーが強いと痛みも比例して強くなって、それはしわを薄くする効果にもつながっていきますので、パワーの設定にも注目です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。