フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

唇のたるみの美容整形のリスクをしっかりと理解しておこう

唇は締まりがありハリとツヤのある状態が、最も美しい状態です。しかし加齢による口元の筋肉の衰えなどが原因で唇にたるみが出ると、老けて見られがちになってしまいます。美容クリニックでの美容整形施術の中に唇のたるみの美容整形があり、早急にたるみを改善したいという考えの人にはおすすめの方法です。主に唇のたるみの美容整形は、唇の内部にボリュームを出す成分を注入する方法がとられます。
唇の内部に成分を注入する方法は口角が上がり、厚みのある形の良い唇になれますが術後にリスクが伴う点も。成分を注入することで内出血を起こすことがあるのです。内出血は施術を受けた人全員に起こるものではないのですが、割合は10人に1人の確率で起こりえます。内出血は成分を注入する注射針が血管を傷つけることで起こりますが、出血しても1週間程度で治ります。しかし、強く内出血を起こした場合は2週間以上消えないことが。唇のたるみの美容整形を受ける際には、人と会う大切な用事がある時期の前は控えるようにしましょう。
唇のたるみの美容整形のリスクをしっかりと理解しておこう

整形にリスクはつきもの?

唇のたるみの美容整形の術後のリスクである内出血は、施術を受けた患者に10分の1で生じる可能性がありますが、予防で内出血が起こる可能性を低くすることもできます。それは施術した当日の飲酒を控える、熱い湯船に浸からない、激しい運動をしない、施術した部位である唇を触らないようにすること。飲酒やお風呂や体を動かすことで血流が促進されると、施術した部位が腫れやすくなり出血しやすくなります。唇のたるみの美容整形をした当日はゆっくり体を休めて、血行が良くなり過ぎないように気を付けましょう。部位を触ることも出血しやすくなるので決して触らないように。
以上のことを注意しておけば、内出血を起きにくくすることができます。成分を注入して唇にボリュームを出す施術は、内出血の他に不安要素となるリスクはないので安心して受けて大丈夫です。唇に注入される成分は保湿成分もあるので、術後は潤いのある魅力的な唇となっているでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。