唇のたるみの美容整形の修正で確認しておくべきポイントって?

たるんだ唇を手っ取り早く改善できる方法に、唇のたるみの美容整形施術があります。どのような施術かというと、主に行われる方法は唇に厚みを出す成分を注射で注入する方法です。注入される成分は美容効果も高いヒアルロン酸などで、唇にメスを入れたりしないので体に負担をかけずにたるみを解消することができます。
ヒアルロン酸などの成分を注入する唇のたるみの美容整形施術は、お手軽に唇の形を良くできる方法ですが次のような失敗が起こる可能性もあります。注入した部位にシコリができる、皮下出血が起きる、注入跡が目立つなどの点です。注入に使う注射針によって血管が傷つくことがあり、注入した針の深さが浅いと跡が目立つようになります。また、同じ個所に注射を何度か行うと唇の皮膚が硬化し、シコリができやすくなるのです。シコリ、皮下出血時間の経過で治まっていきますが、注入跡の目立ちは成分が体に注入されて目立たなくなるまでに時間がかかります。気になるようなら医師に相談して修正を行ってもらうようにしましょう。
唇のたるみの美容整形の修正で確認しておくべきポイントって?

施術後は修正できる?

唇のたるみの美容整形施術であるヒアルロン酸などの注入後に起こった注入跡の目立ちを修正する方法としては、ヒアルロン酸の体内への吸入を促進する薬で体内への吸入を早めてもらうようにします。その際には注射針が使われますが、修正が上手くいくようにするためには使用する注射針について確認しておくことが大切です。注射針の種類によっては、また注入跡が目立つようになってしまう恐れや皮下出血も起こす可能性があります。注射針の中には内出血を起こさないよう配慮されて作られた種類があり、その針にしてもらうことで注入跡の目立ちや皮下出血のリスクも軽減できます。
ヒアルロン酸などを注入する唇のたるみの美容整形施術に使われる注射針で望ましいのは、神経や血管を傷つける危険性の少ない先が丸い針が安全です。先が尖った従来の注射針は神経や血管を傷つけやすいので、修正の施術時には先が丸い注射針を使ってもらえないか医師に相談してお願いすることをおすすめします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。