フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

切らないフェイスリフトの名医と頬リフト整形まとめ

糸を使った切らないフェイスリフトの名医は、糸だけを使う従来の方法だけに頼らず、脂肪注入による3Dリフトも組み合わせているのが違います。
この切らないフェイスリフトの方法は、3Dセルリフトと呼ばれて、韓国のセレブの間でブームになっています。

糸を使うフェイスリフトは、糸を使ったフェイスリフトと違って皮膚を切除しないので安全でソフトな効果が見込めると期待されていました。
しかし、糸で留めるだけだと効果が弱く、効果が感じられなかったり、元に戻ってしまったり、などの問題がありました。

3Dセルリフトは糸だけではなく、糸を使ってたるみを引き上げてから、患者自身の健全な脂肪細胞を注入するのが特徴です。
いわゆる顔の脂肪注入と切らないフェイスリフトを組み合わせたような手法です。

これにより脂肪細胞でハリが出て、フェイスリフトの失敗でありがちな肌のつっぱり感や、凸凹が出てしまう、効果が出ない、などの問題を回避させることができます。

切らないフェイスリフトの名医

ハン・アルムソンイ(韓国)と同じ顔になるにはどんな整形方法がある?

女性なら誰もがいつまでも若く美しくいたいと思うものです。

しかし、どんなに気を使って肌の手入れをしていても、加齢とともに肌が衰えていくことを止めることはできません。

若い頃は気にならなかった目尻のしわに気が付いたり、睡眠不足でもないのに目の下のくまが消えない、と感じたらそれが老化のサインです。

老化が進行すると、顔全体が垂れ下がって、たるみや法令線も目立つようになってきます。こうなってくると、どんな高価なスキンケアアイテムを使ってもあまり効果を感じることはできません。

肌の衰えは仕方ないと諦めてしまう人もいますが、ただ老けていく自分を見ているなんて嫌だと思う人は、思い切って美容外科での整形を考えてみてはいかがでしょうか。

美容外科で整形手術を受ければ一気に若返ることができるので、オルチャンで有名なハン・アルムソンイ(韓国)のような顔を目標にすることもできます。

ハン・アルムソンイ(韓国)と同じ顔になりたいと思ったら、リフトアップは不可欠です。高いリフトアップ効果を得るために効果的なのがフェイスリフト手術です。

フェイスリフト手術は、下がった組織を本来あった位置に戻す手術です。切開するので術後の腫れや痛みは多少強いものの、一番確実な若返り方法です。

切らない方法を希望する人におすすめなのが、糸のフェイスリフトです。糸によってたるんだ皮膚を引っ張り上げる治療法で、体への負担を抑えつつもフェイスリフトに近い効果を期待することができます。

さらに負担の少ない方法を望むならプチ整形感覚で受けられるレーザー治療がおすすめです。レーザー照射によって肌のコラーゲンやエラスチンの量を増やすことで、肌のハリや弾力を取り戻すことができます。

ハン・アルムソンイ(韓国)を目座してリフトアップするには、いろいろな方法がありますが、成功のためには良い医師にかからなくてはいけません。実績と症例が豊富な医師を選びましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

北川景子のような若々しい顔にリフトアップするにはどんなリフト整形?

北川景子というと、クールな印象の女性があこがれる顔の持ち主です。もちろん整ったパーツが美しさの基準となっていますが、特にたるみやくすみのない肌や小顔にあこがれるという人も多いのではないでしょうか。

彼女のような美しい小顔になるには、フェイスリフトがもっとも即効性があり、確実に小顔を手に入れることができます。
フェイスリフトとは、頬や首回り、目尻の下がりなど、顔のたるみを全体的に取り除く美容整形手術で、若返りの手術の中でも、もっとも実績があり、効果的な方法といえます。

フェイスリフトには、いくつかの方法があり、皮膚を切開して引っ張りあげる方法以外にも、糸のフェイスリフト、レーザー治療、プチ整形など種類や効果はさまざまです。

顔の余っている皮膚を切除して引き上げることで、しわやたるみを解消させることができるフェイスリフト手術ですが、1回の施術で顔全体のしわなどを劇的に改善することができ、効果も5~10年ほどあるといわれています。

この施術は、100年以上の歴史があり、アンチエイジングの治療の中でもっとも効果があるといわれています。
多くの人が、顔の皮膚が不自然に引っ張られてしまうとイメージしてしまうかもしれませんが、技術の進歩とともにより自然に肌のハリをとりもどし、くまや法令線も解消させることができます。

顔のリフトアップ手術の中でも、もっとも歴史があり効果がある皮膚を切開する手術は、皮膚内部のどの層まで処置を行うかで、効果は大幅に変わってきます。

皮膚のみのリフトは、表皮のみの余った部分を切除して引き上げる方法で、数ヶ月で皮膚がゆるんでしまったりするというデメリットがあります。

骨膜下リフトは、骨膜を骨から剥がして表情筋を動きやすい状態にしてからリフトアップする方法で、ダウンタイムが長く腫れが続くことがあります。

現在主流となっているSMASリフトは、皮膚とともにSMASも引き上げることで、皮膚のみのリフトよりもより大きな効果と持続期間を得ることができます。

切らないフェイスリフトは顔が15歳若返る効果を発揮する

3Dセルリフトによる切らないフェイスリフトは、糸による固定と脂肪注入を同時に行うことで、半永久的な効果を発揮させます。
ただし、日本国内で扱っているクリニックの数が少ない上に、高度な技術を必要とするので、名医を探すのは一苦労です。

うまくいけば半永久的な若返り効果が期待できるのがメリットですが、脂肪注入も行うので、失敗すると普通の切らないフェイスリフトよりも修正が難しくなってしまう可能性があります。
扱っているクリニックが少ないということは、必然的に入ってくる情報も少なくなってしまいます。

美容整形についての情報はそもそも、それほど多くありません。患者は受け身で受けるという感じになってしまいがちです。

そうならないように、手術を受ける患者自身が手術について正しい情報を集めておく必要があります。

これに役立つのが、美容医療の相談を専門に引き受けているこちらの相談所です。美容整形に対する疑問や質問に答えてくれるので、まずはこちらの相談所で名医紹介を依頼していただければと思います。

東京・大阪・名古屋・福岡など全国の名医紹介・おすすめをしております

こちらの相談所では、芸能人のようにたるみのない顔になるための整形方法について紹介しているのと同時に、失敗しないための名医のご紹介も致しております。

ご相談は下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。

 

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。