コラーゲン注入のダウンタイムはどう過ごすのが正解なの?

コラーゲン注入のダウンタイムは、どう過ごすのが正解なのでしょう。痛みはほぼありませんし、腫れもあまり心配はないです。コラーゲン注入をしたあと、数日のあいだ針の跡が肌に残ることがあります。ですがそれは一時的なものですので、お化粧でカバーすることができます。また、注入をした部位に内出血を起こすこともありますが、それも1週間から2週間もすれば消えていきますので、心配をする必要はありません。美容治療をしたあとは、その針を刺した部分も気になるものですが、気にして何回も触ったりはしないことです。内出血が気になるとしても、ファンデーションでカバーができますし、コンシーラーを使ってカバーをしてもいいでしょう。ほかにも気になるようであれば、マスクをしてカバーするとか、手段はあります。大きな美容整形みたいに、ダウンタイムで人に顔を合わせることができないようなレベルでもないので、上手に気になる部分をカバーをすることで、問題なくいつもの日常生活を送ることができます。

コラーゲン注入のダウンタイム

痛みや腫れもないコラーゲン注入

痛みや腫れもないコラーゲン注入のダウンタイムですが、注入をしたところを、頻繁に触らないようにしましょう。内出血を起こしているとしても、数日で消えていきます。顔を洗うときにも、優しい洗い方を心がけることです。思い切り皮膚を、ゴシゴシと摩擦して洗うのは、やめておくことです。無理な摩擦を与えたり、こするという行為が、コラーゲンの吸収を急速に早めてしまうからです。しばらくはお休みする方がいいのが、フェイシャルマッサージです。エステサロンで受けるフェイシャルエステは、まさに至福のひとときですし、女性にとっては自分へのご褒美にもなるでしょう。しかしコラーゲン注入をしたあとは、当分はフェイシャルエステもお休みをすることです。エステサロンへ行かなくても、自分で行う顔のマッサージも、コラーゲンを保持するためにも、しばらくは控えるようにしましょう。また、注入をしたところが、直接太陽の光に当たらないようにすることです。顔には日焼け止めを塗るようにして、紫外線より患部を守ることです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。