フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フラクショナルレーザーを受けるのはデメリットを知ってから

フラクショナルレーザーの受けることでのデメリットとして、治療を受ける際のレーザーによる強い痛みがあります。美容医療機器を使用する施術は、エステサロンの美容機器の延長のようなイメージがあるかもしれませんが、この治療は非常に強力なレーザー光による治療ですので、エステサロンのような癒しのケアとは異なります。医療機器は研究され改良を重ねていますので、照射時の痛みは新しい機器ほど軽減されるようにはなってきています。とはいえ、施術を受けるときには、無痛治療となることはありません。レーザー光を肌へと照射することにより、感じ方には個人差もありますが、チクチクした強い痛みを感じます。出力設定は可能であるために、そのときのエネルギーのレベルによっても、痛みには違いはあります。レーザー照射によって深達度の割と深めの治療を、部分的ではなく顔全体に行う場合、あるいはもっと広い範囲へ行うとしたら、それは思っているよりもはるかに強い痛みに耐える必要も出てきます。フラクショナルレーザー治療の痛みへの対策として、麻酔も用意されています。
フラクショナルレーザーを受けるのはデメリットを知ってから

デメリットとして、施術後のダウンタイム

フラクショナルレーザー治療を受ける際のデメリットとして、施術後のダウンタイムがあります。マイルドな照射系とは異なり、フラクショナルレーザー照射直後には、皮膚には強い赤みを感じますし、熱っぽい感じもします。皮膚にはヒリヒリして痛みも強く、その状態は翌日か、2日程の間は続くことになります。水に触れても痛みが走る程ですが、施術後は帰宅時にマスクなどが必要となります。翌日以降は皮膚に、無数の点状にあらわれるかさぶたが出てきます。かゆみを伴うこともありますが、自分では決してとってはいけないものです。女性には少し辛いですが、1週間ほどは見た目もかさつきますので、メイクやマスクでカバーする必要が出てきます。しかし、このざらついた状態は一時的なものであり、このかさぶたが自然に剥がれていくことで、新しく美しい肌が顔を出すことになります。その期間も個人差はあるものの、完全にかさぶたが落ちきるまでには、1週間から2週間ほど必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。