ゴルゴラインくぼみの美容整形のダウンタイム期間ってどんな感じ?

ゴルゴラインというのは漫画のゴルゴ13の主人公のような頬から目元にかけてくぼみ、線が入っている状態を言い加齢とともに溝が濃く深くなっていきます。これを解消するにはゴルゴラインくぼみの美容整形が有効です。このゴルゴラインくぼみの美容整形の方法はメスを使わないタイプでは糸を注入して引き上げるリフトアップ法や熱を照射してリフトアップさせる方法、そしてヒアルロン酸注入などが最近は流行っていますが、他にもメスを使い皮膚全体を引き上げる方法なども有名です。糸を使用するタイプは施術時間30分~40分ほどと短く痛みに関しても麻酔クリームを使用しますので術中はほとんど感じませんし、ダウンタイムや腫れは施術当日は麻酔で多少腫れますが翌日にはほぼ引きます。熱を照射するタイプやヒアルロン酸注入については腫れもほとんどありませんがヒアルロン酸に関しては注射器を使用するため中には内出血を生じる人もいますが1週間ほどで消えます。また、メスを使用するタイプは施術時間1時間~1時間半ほどで局所麻酔を使用するため術中の痛みは感じず、ダウンタイムに関しても1週間~2週間ほどで落ち着きます。
ゴルゴラインくぼみの美容整形のダウンタイム期間ってどんな感じ?

ダウンタイムはどれくらいかかる?

目の下に線が入りくぼんで見えるゴルゴラインは年齢とともに深くなり、ゴルゴラインがあるだけで一気に老け顔になってしまいます。そこで最近ではゴルゴラインくぼみの美容整形が人気があり、方法もメスを使用しないプチ整形からメスを使用して皮膚をリフトアップする方法まで様々です。中でもメスを使用せず糸を注入したり熱を照射することでゴルゴラインくぼみの美容整形を行う施術はダウンタイムも短く、術中の痛みもないため痛みに弱い方や傷跡を残したくない方に人気があります。糸を使用するタイプでは通常のイタリアンリフトと呼ばれる方法や髪の毛よりも細い極細の糸を使用するタイプで施術時間は30分ほどで終わり麻酔クリームを使用するので当日は多少腫れますが翌日には日常生活に戻る事が出来ます。また、熱を照射するタイプも施術時間30分~60分と短く、多少熱さは感じますが内出血や腫れなどの心配もなく、真皮層のコラーゲン生成を目的としている為3か月~半年かけて効果が出、完成します。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。