受ける前に知っておきたい!フェイスリフトのデメリット3つ

女性は年齢を重ねるにつれて気になり始めるのが、シミやしわ・顔のたるみなどの老化現象です。

中でも顔のたるみに関してはシミやしわに対するアイテムよりも、効果的なコスメがあまり無いもの困ったものです。

そんな女性達には美容外科で受ける顔のたるみを引き上げてすっきりと若々しい小顔に近づけるフェイスリフトが定番の人気となっています。

フェイスリフトにはいくかの種類があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットなども異なります。

フェイスリフトの施術には大きく分けてメスを使用するアプローチ法と、メスを使用しないタイプの施術に分かれます。

メスを使用する方法には皮膚を切除するリフトアップ術は耳の横など目立ちにくい部位を切除して、そこからたるみの原因になる余分な脂肪を取り除く方法です。

一方のメスを使用しない施術には糸で引き上げてリフトアップする方法に加えて、ヒアルロン酸などの溶剤を注入する施術や高周波やレーザーなどを照射する方法があります。

フェイスリフトのデメリット

メスを使用するフェイスリフトの最大のデメリット

メスを使用するフェイスリフトの最大のメリットは、他のどの施術よりもたるみ除去に関しては高い効果を得られるという点にあります。

一方でデメリットは皮膚を切除するために傷跡が残る可能性があったり、医師の腕の善し悪しで結果に大きな差が出るということです。

次に切らないタイプの医療用の糸を使用して皮膚を引き上げる施術では、皮膚を切除しないので安心して施術を受けることが出来ます。

また切除するフェイスリフトと異なり、腫れや内出血・ダウンタイムなども非常に少ない点もメリットです。

糸を使用するリフトアップ術は仕上がりが非常に自然である反面・人によっては満足な効果を実感しにくいというデメリットがあります。

そして高周波やレーザーなどの照射するタイプやヒアルロン酸を注入する方法は、どちらも効果を実感するまでに何回も施術を繰り返す必要があります。

そのため結果的に高額になってしまうケースや、治療を最後まで続けることが出来ないなどのデメリットがあります。

切開した毛髪内がハゲる…フェイスリフトのデメリットと対策

フェイスリフトのリスク 切開した毛髪内がハゲることもあります。

リフトを行うにあたって、シワやたるみを解消したい部位によっては頭皮を切開して施術を行う場合があります。頭皮であれば傷跡が目立ちにくく、ヘアスタイルでもカバーが可能ではありますが、縫合が上手く行われなかったなどの理由で、切開した毛髪内がハゲるという事態に陥るケースもあります。

皮膚を切開する事で毛根が完全に取り除かれてしまいますので、その部分からは二度と髪が生えて来なくなるという、改善が困難なリスクです。

フェイスリフトのリスク ひきつれ

フェイスリフトはシワやたるみ、ほうれい線などを改善し若返り効果を高めます。たるんだ筋膜や余剰な皮膚を除去して縫合しますが、皮膚を強く引き上げたために起こる、ひきつれのリスクがあります。皮膚のコントロールがおぼつかないような、技量不足の医師による施術で起こりがちになります。

ひきつれることで表情を動かしにくくなることから笑顔などが不自然になり、違和感が出てしまうため、美容整形を受けたことが周囲に悟られやすくなります。

フェイスリフトのリスク 効果が無い

フェイスリフトは、シワやたるみを解消できる美容整形ということで、施術を受けることで見た目を大幅に若返らせることが期待できます。施術を受けてから10年以上アンチエイジング効果が続くというキープ力の高さでも人気があります。

熟練の医師の施術であれば期待通りの効果が得られますが、未熟な医師の施術では効果が無いというリスクがあります。皮膚のコントロールがうまく行かず、シワやたるみの解消が出来ていないという結果も考えられます。

おすすめの美容外科で、安全で効果的なフェイスリフトを

シワやたるみを改善、若返りが期待できる魅力的な効果をもたらす美容整形であっても、知識と経験に裏打ちされた技量を持つ名医の施術を受けなくては、効果が無いばかりかリスクのほうが高まってしまいます。

リスクの心配をすることなく、嬉しい効果のみを確実に得るためにも、美容外科選びは慎重に行わなくてはなりません。当相談所では、おすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。