フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

経過ブログから考察したダーマローラーのデメリット4つのまとめ

ダーマローラーのデメリットをまとめます

肌トラブルの中にはスキンケアやマッサージ、エステといったケアで改善出来ないものも少なくありません。
自分で治す事が出来ない肌トラブルは、美容医療で解消しましょう。
特にクレータータイプのニキビ跡や、シワたるみといった肌トラブルはスキンケアなどで、改善する事が難しい肌トラブルです。

これら肌トラブルの解消に、おすすめなのが「ダーマローラー」です。
この美容医療はコラーゲンやエラスチンの生成量をアップする、そして肌の新陳代謝を高める作用があります。
これらの作用によってクレーターを目立たなくする効果や、若返りの効果を得られるのです。
ただ、デメリットもあるので施術を受ける際は注意しましょう。

ダーマローラーは特殊な器具によって、皮膚に無数の細かい穴を開けます。
施術後、内出血を起こしてしまい、皮膚が赤くなる症状が出るケースがあるのです。
この他にも3日から4日程度、痛みが続く事もあります。

施術後にこのような症状が起こる為、仕事をしつつ施術を受けるという方は、休みの日を利用するなどして対応しましょう。

ダーマローラーの意外なデメリット

医師によって効果に大きな違い

ダーマローラーはメリットの多い美容医療と言われています。
ただ、メリットがあれば当然、デメリットも存在しています。

意外なデメリットと言われているのが、医師によって効果に大きな違いが出てしまうという点です。
美容医療は美容整形のように、メスで皮膚を切開したり縫合するといった事はありません。
ですので、医師の腕は大きく関係しないと思われがちです。

しかし、美容医療であっても美容整形同様、医師の技術力や知識、そしてセンスなどによって仕上がりに大きな差が生まれてしまいます。

特にダーマローラーは症状によって、ローラーについている針の長さを変える必要がある為、熟練した医師でなければ思ったような効果を、得られない結果となってしまうのです。

ですので、施術を受ける際は、しっかり医師の質を見極める必要があります。
しかし、医師の技術力などをチェックするのは大変です。

当相談所では信頼できる医師を、ご紹介する事ができます。

術後に針の傷跡が残ることがある

美容外科でダーマローラー治療を受けると、ニキビ跡などの肌トラブルが気になる部分に麻酔クリームを塗り、極細の医療用ステンレス針が付いたローラーを転がします。肌は傷つきますが、その際にコラーゲンの生成を促すので、徐々に綺麗な肌に近づけます。

通常は短時間で傷がふさがりますが、経験の浅い医師が行うと、針の傷跡が残ってしまうデメリットがあります。痛みを感じることもあるので、経験豊富な医師のいる美容外科に行きましょう。

炎症による色素沈着を起こすデメリットがある

こんなデメリットがあるって本当?ダーマローラーによる色素沈着を感じたらすべきこと。

ニキビ跡のデコボコが消えないときは、美容外科でダーマローラーを受ければ治せます。非常に細い針が付いたローラー状の機器をお肌の上で転がし、微細な穴を開け、傷を治そうとする力を高めることで、ニキビ跡を改善する方法です。

ただし下手に転がすと、肌が炎症して、色素沈着を起こすデメリットがあります。肌トラブルが以前に増して悪化する可能性があるので、ダーマローラーの経験豊富な医師に治療を任せることが大切です。

ニキビ跡への効果がでないリスクがある

ニキビ跡が気になる肌にダーマローラーを行うと、極細の針によって傷つけられた皮膚が再生するときにコラーゲンを生成するので、お肌を生まれ変わらせることが出来ます。ただし針の長さや圧力に問題があると、ニキビ跡への効果がでないリスクがあるので気を付けましょう。

せっかく施術を受けても、ニキビ跡のデコボコが改善されないと、お金の無駄になってしまいます。名医のいる美容外科ならそんな失敗はしないので、短期間で綺麗な肌になれます。

ダーマローラーは技術の高い医師に任せるのがおすすめ

ニキビ跡のデコボコをケアしたい人は、美容外科でダーマローラー治療を受ければ、なめらかな肌に生まれ変われます。技術の高い医師なら失敗しないので、美容外科選びには注意しなければなりません。

下手な医師に任せると、色素沈着やニキビ跡への効果がでない、傷跡が残るなどのデメリットがあるので気を付けましょう。当相談所なら名医を紹介できるので、施術を受けたいときは問い合わせてください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。