裏ハムラ法のメリットとはいったいどんなものなのか

目の下の膨らみがあると、実年齢より10歳は老けて見られると言われています。
最初は目立たない程度の膨らみでも、段々と突出してきてその下に影のようなクマができたりすると、メイクでも隠し切れずに困っている方はとても多いです。
このふくらみをとるための美容整形術として、色々な方法があります。
一番メジャーなのは、脱脂術ですね。
目の下の膨らみは脂肪であり、眼輪筋が弱ってこの脂肪を支えきれずに飛び出してきてしまったので、この脂肪を除去するという方法です。
そして、ハムラ法、裏ハムラ法という術式も口コミで広まって人気が出てきて、特に裏ハムラ法でやってほしいという方が男女問わずに増えているのです。
どの方法にしてもメリット、デメリットは存在しますが、術後にある程度の期間が経過したとき、脱脂術だと凹みが生じてくることが多いのです。
目の下がへこんでいると不健康で、余計に老けて見えます。
ハムラ法、裏ハムラ法だと凹みが生じることはとても少ないのです。

裏ハムラ法のメリット

術後の傷が目立たず綺麗に治すことができるというのがメリット

具体的にハムラ法、裏ハムラ法はどういった術式なのかというと、目の下の膨らみの脂肪を、その下の影の部分に移動させて平らにならすという方法です。
ハムラ法は皮膚の表面を切開して行いますが、裏ハムラ法は下まぶたの内側からメスを入れますので、より術後の傷が目立たず、綺麗に治すことができるというのがメリットです。
そして前述のように、移動させるだけで脂肪を抜いてしまうわけではないので、凹みが生じるということがなく、時間がたっても不自然な表情にならないというのもメリットと言えるでしょう。
しかし、やはりまぶたの内側から行うということで、表面から見えない分とても繊細で難しい手術となってしまいます。
脱脂なら脂肪を抜いてしまうだけですが、移動させて且つ綺麗にならすというのはかなりの技術を要します。
これは脱脂術でも同じですが、割と左右差も出やすいです。
仕上がりや予後はとても良好なのですが、難しい方法なので、医師選びには十分時間をかけるべきでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。