トレチノイン・ハイドロキノンのアフターケアについて知ってますか?

トレチノイン・ハイドロキノンは皮膚科でよく用いられる治療薬です。主にシミやそばかすなどの色素沈着の治療に有効に働きます。色素沈着ばかりでなく、ハリのある若々しい肌を作り出す効果も得られることがあります。
女性からの人気が高いトレチノイン・ハイドロキノンですが、アフターケアについて理解がないと、効果が半減したり、かえって症状が悪化するリスクがありますので、十分に注意しましょう。
皮膚の角質層を強制的に剥がす程の力を持っていますので、これら治療薬を塗っている状態の肌表面は、外部刺激に弱い状態になります。そのため、外出時には必ず日焼け止めクリームを塗るようにしてください。SPF25以上の紫外線防止力を持った日焼け止めクリームがおすすめです。
SPFの値が高いほど強力だといえますが、この数値を過信するのはよくありません。暑い季節には汗や皮脂でクリームが溶けてしまいますので、こまめに塗り直すことが重要です。
トレチノイン・ハイドロキノンのアフターケアについて知ってますか?

使用する順番を間違えないように

トレチノイン・ハイドロキノンのアフターケアとして、使用する順番を間違えないようにします。基本的に直接肌に塗りつけるような治療薬ではありません。あまりにも成分が強力すぎて、かさつきや赤みが強く出るリスクがあるからです。
まず、トレチノイン・ハイドロキノンを塗る前に、化粧水で肌を整えましょう。こうすることで、治療薬の影響による乾燥を防ぎやすくなります。その後にトレチノイン・ハイドロキノンを塗り、その上から乳液や美容液を塗っていきます。クリームを最後に塗っておくと、かさつきを防止の効果が高まります。
これが基本的な流れですが、塗る順番については皮膚科から説明がありますので、その説明に従って正しく使用してください。
塗る量やタイミングについても注意しましょう。朝と夜に塗るものから、夜だけ塗るものもあります。量を間違えると炎症などの副作用が強く出ますので、気をつけてください。
正しく使っても症状がひどいようなら、治療中の皮膚科に相談しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。