手のたるみの美容整形のダウンタイムについて

手のたるみの美容整形を注入系で治療するときには、皮膚に針を刺すときは痛みがあります。ですが痛みがあるのは病院側でもわかっていますので、針を刺す部位を冷やしてから注射をしたり、希望があれば麻酔を使って刺激を少なくすることもできます。クリーム麻酔は、表面の感覚は薄れますが、注入をする際に針を刺すときには痛みがありますので、完全に痛くないわけではありません。注入では内出血や腫れが出たとしても、数日から1週間ほどで治まります。手のたるみの美容整形で、たるみに注入をしたあとのダウンタイムでは、何を入れるかにもよりますが、種類によってはなじませるために、マッサージをするほうがいいこともあります。ですが注射をしたすぐだと、針を刺したところが完全に塞がってないので、不衛生な手では触れないようにしましょう。 注射したところに、ほてりを感じるようなら、家で少し冷やすといいです。たるみのない手の皮膚をキープするためにも、紫外線は直撃しないようにケアをしましょう。

手のたるみの美容整形のダウンタイムについて

レーザー治療のダウンタイムについて

手のたるみの美容整形で、高周波やレーザー治療を受けたときには、皮膚への照射時には痛みがあります。しかし、我慢しきれない痛さではないので、もしも痛みに弱いならば麻酔を利用するといいでしょう。レーザー治療などで、手のたるみの美容整形をした場合は、内出血は起こりません。ですが術後のすぐには、熱っぽい腫れを多少ですが感じることはありあす。治療を受けた日には湯船には入らないで、軽くシャワーで終わらせて、手の肌を冷やすようにするといいです。ダウンタイムは、手の皮膚のクールダウンとともに、皮膚細胞の活性化がありますので、スキンケアで保湿をたくさんしてあげるといいです。手のたるみを解消するためのレーザーは、皮膚を若く新しものへと切り替えさせてくれます。その時には、化粧水などでの水分は、とても良い成分となって働きかけることになります。水分をたっぷりと入れて、乳液やハンドクリームもつけて、手のスキンケアをたくさんしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。