チェックしておくべき手のしわの美容整形のデメリット

手のしわの美容整形のデメリットとして、レーザーの照射によって美肌治療を手に施すとなったら、しばらくは手の皮膚を人には見せたくなくなる状態になることでしょう。人との対面では顔に目がいきますが、話しながら動く、手の皮膚にも人間の視線は意識が向きます。意外と目立っているのが、手に出ているしわの存在です。手のしわの美容整形で、医療機器でのレーザー治療をした場合、高い出力でレーザーの照射を皮膚にするので、皮膚は一時的に赤く腫れますし、しばらくは手を使うにも水にしみて仕方がありません。水仕事をするなら、ビニールの手袋は必須でしょう。数日間は赤くなって、かさぶたも出てくるので、人からの手への視線は耐える必要がります。また、手の皮膚は非常に乾燥をしますので、ハンドクリームや化粧水などが手放せなくなります。痛みや、皮膚のかさぶたによるかゆみも出てきますが、これらにも耐える必要があります。10日間ほどは、辛い時期を過ごすこととなるでしょう。
チェックしておくべき手のしわの美容整形のデメリット

痛みや失敗、どんなデメリットが考えられる?

チェックしておくべき手のしわの美容整形のデメリットとして、水光注射を利用する場合は数回の治療が必要になり、治療の時には出血があることでしょう。韓国では大人気の治療方法であり、日本人女性にもにわかに人気が高まっている注入系の治療は、手のしわの美容整形としても高い効果を発揮してくれます。効果を持続させるには、2週間おきくらいに数回は注入をするほうがいい方法です。維持できるのは3ヶ月から半年なので、そのあとはまた、繰り返し注入のために治療に通う必要があります。ヒアルロン酸やボトックスにビタミンCなど、皮膚の若返りには黄金の成分がフルコースで入っているような注入系の治療ですが、専用の機器で注入する際に、針が刺さった部分からは出血があります。見た目にはかなりい痛々しいのも、デメリットでしょう。塗る麻酔をしますが、表面麻酔なので針を刺すときにはやはり痛みがあります。施術後は、1週間ほどは針の跡が残るので、それも我慢が必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。