知っておいてほしいSOOFリフトのダウンタイム

SOOFは頬の脂肪を指しており、SOOFリフトは頬をリフトアップするものになります。頬をリフトアップする最大のメリットとしては、下まぶたのたるみの解消やほうれい線の解消などがあります。この2つのたるみや線は目立つことで老けた印象を与えるためリフトアップして目立たなくすることで若返りの効果を得ることができます。
一方でSOOFリフトは、あくまでも部位を示すため、その種類はさまざまです。切開を伴うような本格的な手術もあればプチ整形のようにメスを使わない切らない方法もあります。
切開を伴うような本格的なものであれば痛みや内出血、腫れといった症状が強くでる可能性がありダウンタイムも2週間程度は必要とされます。一方でプチ整形の場合には傷つける組織が少ないためダウンタイムも短めで1週間程度が一般的です。その一方で施術によって引張る範囲が広いため費用はプチ整形でも40万円以上するため非常に高額な美容整形術になります。

SOOFリフトのダウンタイム

ダウンタイムは2週間と少し長め

SOOFリフトを行う場合には、他の美容整形術と同様にリスクが伴います。特に技術の低い医師などであればそのリスクは高いものになり痛みや内出血、腫れがひどくでるケースがあります。またプチ整形は簡単に行えるイメージがありますが、ヒアルロン酸注射やボトックス注射のように薬品を注入するタイプのものを除けば、通常の整形手術と同様のリスクがあります。ただしダウンタイムが短めなので身体への負担は低めです。一方で薬品を注入するタイプのSOOFリフトでも経験の浅い医師であれば失敗するリスクが高くなります。
SOOFリフトにおけるリスクとしては、第一に見た目の変化がないことや傷跡が目立つといったものがあります。これらは、見た目の問題であり日常生活に支障を来すことはありませんが、問題が出るものとしては、ひきつれやしびれなどがあります。ひきつれやしびれは手術によって神経を傷つけた可能性があり再生そのものが困難な後遺症になります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。