顔の脂肪注入のダウンタイム期間中に気をつけるポイント

年齢と共に顔の筋力が低下してしまうと、皮膚を支えている筋力が落ちてしまうので顔全体がたるみやすくなってしまう恐れがあります。そうなると目の下に窪みが出来たり、頬のふくらみが無くなってしまうので骨ばった顔の印象を周りに与えてしまう恐れがあるため、いつでも若々しい印象を保ちたいと思っている方にとって悩みの種になりやすい老化現象だとされています。
また老化とは別に元々エラが目立つ骨格の方も同様にふっくらとした頬の顔になりたいと思っている方も多いので、美容皮膚科クリニックや美容外科クリニックなどの医療機関の元で顔の脂肪注入などの治療を受ける場合が増えてきています。顔の脂肪注入は自身の体の脂肪を頬に注入するので、高い美容効果を期待することが出来ますが、注入に時間がかかる事で痛みやダウンタイムにに起こりやすい肌の腫れや内出血が長引く恐れがあるため、実績の多いクリニックで治療を受けることが望ましいといわれています。

顔の脂肪注入のダウンタイム

ダウンタイムなどが起こりにくい

魅力的な顔の印象として頬をふっくらさせる美容施術はかなりポピュラーな方法だといわれていますが、一般的にダウンタイムなどが起こりにくいとされているヒアルロン酸注入を行う場合が大半だといわれています。ヒアルロン酸注入は極細の注射針を利用して短時間で注入することが出来るので、肌内部の血管を傷つける心配が無くダウンタイムに起こる内出血や腫れなどを抑える効果があるのですが、ヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されてしまう特徴があるので、半永久的な美容効果を期待するのであれば、顔の脂肪注入が望ましいといわれています。
ただ顔の脂肪注入はヒアルロン酸に比べて注入にかかる時間が長くなってしまうため、施術時に痛みが伴ってしまう恐れがありますし、注入した脂肪が綺麗に形成されないとボコボコとした仕上がりになってしまう場合もあるので、実績の高い有名なクリニックを利用する事も安全に美容施術を受けるために必要な要素になってきています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。