リファームSTのリスクを知らないと手遅れになる?

リファームSTは手術せずにリフトアップが図れる光治療器の一種です。顔の引き締めや小じわ・たるみ・ほうれい線の改善に利用されています。リファームSTの特徴は、赤外線と高周波の2種類のエネルギーを同時に照射することです。この相乗効果で、皮膚の深部にまで熱を行き渡らせることができます。高周波が真皮層のコラーゲンを収縮させるため、引き締め効果は即時に現れるとされています。また縮んだコラーゲンを再生させようとして、真皮の線維芽細胞が活性化するので、自然に肌のハリが戻ってきます。何回か繰り返して治療を受けることで、アンチエイジングにも効果を期待できます。
赤外線には高周波の浸透をサポートする作用があり、従来の光治療器よりも小さなダメージで、効率的に治療できると言われています。しかし加熱して真皮の一部を収縮させるという原理は同じなので、軽い火傷と同じように赤く火照ったり、なかなか腫れが引かなかったりするリスクがあります。
リファームSTのリスクを知らないと手遅れになる?

様々なケースに対応できる医師を

基本的にリファームSTにはダウンタイムはなく、施術したその日から洗顔やメイクも可能です。しかし赤みや痛みが残るケースもあり、腫れが出た場合には冷やすなどの対応が必要です。また施術後しばらくは紫外線を避け、保湿に気を配ることが大切です。熱でダメージを受けた肌は敏感になっており、強い刺激を与えると色素沈着を起こすことがあります。
リファームSTは手術を伴わないので、リスクは比較的小さいと考えられます。ただし本当に効果を実感するには、ある程度継続して治療を受ける必要があります。短期間では満足できる仕上がりにならなかったり、左右非対称になったりする恐れがあります。必要な治療期間や回数および費用については、事前に確認しておくと良いでしょう。また他の治療法と併用するという選択肢もあります。こうしたことも含めて、さまざまな治療法や医療機器に詳しいクリニックで、しっかりとカウンセリングを受けるのがお勧めです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。