リファームSTのダウンタイムはどう過ごすのが良いの?

年齢とともに肌のたるみやしみ、しわが気になってきたという方も多いのではないでしょうか。
しっかりスキンケアをしていてもなかなか改善しない年齢による肌トラブルは、美容クリニックで施術を受けると改善することができます。
年齢による肌トラブル改善の施術の1つにリファームSTという施術があります。
今まで年齢による肌トラブルの治療に使用されてきた機器は、1種類の光を使用して施術を行っていました。
リファームSTは、赤外線と高周波を同時に照射する機器です。
赤外線と高周波をダブルで照射することにより、より肌の奥までエネルギーが伝わるので、今までの施術よりもより高い効果を実感することができ、効果が現れるのも早いと言われています。
リファームSTは、メスを使用せず、光を当てるだけという施術方法なので、ダウンタイムも短く、痛みや腫れ、内出血が起こる場合もありますが、すぐに治まることがほとんどなので、安心して施術を受けることができます。
リファームSTのダウンタイムはどう過ごすのが良いの?

肌ケアをしっかりと

リファームSTの施術は、ダウンタイムに肌に赤みや軽い灼熱感が起こります。
赤みは翌日まで続くことがありますが、それほど長く続くことはありません。
ダウンタイムは1週間程度です。
人目につくような腫れや内出血が起こることはないので、仕事や家事で忙しくすぐに日常生活に戻りたいという方も安心して施術を受けることができます。
施術後すぐにメイクをすることができ、洗顔や入浴も当日から行うことができます。
強い痛みが起こることはほとんどありませんが、痛みが起こったときは、アイスバックや冷やしたタオルなどで冷やすと治まります。
痛みが長く続くときは、鎮痛剤を処方してもらうことができますが、なるべく早く医師に診せたほうがよいでしょう。
また、リファームSTの施術後は肌が乾燥しやすくなり、粉を吹いたような状態になるほど乾燥がすすむことがあるので、保湿はしっかり行いましょう。
日差しが強い日は、紫外線対策もしっかり行ってから外出をするように心掛けておきましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。