受ける前に知っておきたい!レーザーピーリングのデメリット

美しい肌を保つためにはターンオーバーの機能を正常に保つことも大切です。加齢と共にターンオーバーの機能は低下する傾向にあり、そのためにシワやたるみが目立ってきたり、シミや毛穴トラブルなども起きやすくなります。乱れたターンオーバーの機能を整えるのであればピーリングが有効ですが、薬剤での刺激が気になるという人もあるのではないでしょうか。
そういった場合はレーザーピーリングの利用も考えてみてはいかがでしょうか。レーザーピーリングやレーザー機器を利用してピーリングを行う方法で、毛穴の汚れも取り除くことができ、コラーゲンの生成機能も高めることができますので、毛穴も引き締まり、肌にハリや弾力を得ることもできます。照射だけで行うことができますので、短時間で施術が行えますし、薬剤を使ったピーリングでは得られない美容効果が期待できるのもメリットですが、実際に施術を行う前にはリスクやデメリットがないかもよく確認しておくことが大切です。
受ける前に知っておきたい!レーザーピーリングのデメリット

繰り返すと費用がかさむ

様々なメリットがあるレーザーピーリングはそのデメリットも知っておきたいですが、まず、医療行為ではあるものの美容目的の治療となりますので、費用はすべて実費となります。
繰り返して行う場合は思いのほか費用がかかることもありますので、費用についてはよく確認しておきましょう。
そしてレーザーピーリングはダウンタイムは比較的短く抑えることができますが、軽度の痛みや赤味が出ることもあります。
照射直後は一時的に肌のバリア機能が落ちていますので乾燥しやすくなるのでしっかり保湿を行っておくことも大事です。
紫外線の影響も受けやすくなりますので、無防備に紫外線にさらしているとシミができやすくなってしまいます。
治療後は紫外線対策もしっかり行っておきましょう。
さらに医師の技術力によっても仕上がりには差があります。技術の低い医師が対応した場合は思ったような改善が得られない場合もありますので、医療機関選びは慎重に行うことも大事です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。