ライムライトのリスクは大きい?

ライムライトは光照射によって肌トラブルの改善を狙う美容施術の1つですが、日本人の手で開発されているところにその特徴が表れています。
そもそも光照射は欧米から発展した方法である事から、機器自体も欧米からの輸入品が多くなっています。ところがこうした機器は基本的には現地の白人の肌質に合わせた調整が為されている為に、黄色系である日本人に対しては充分な効果が発揮出来ない可能性を抱えてしまっています。白人の少ない肌の色素に反応させる為に出力が高いケースも多く、リスクがやや高めになっている事も否定出来ません。
そこでライムライトでは照射する光の波長を幅広く取る事によって、日本人の一般的な肌色・肌質に合わせると共に、日本人に多く見られる細かなシミ・そばかす等の改善に繋がり易い仕組みが構築されています。更にこのような仕組みから細かな肌色の違いを問い難く、施術を繰り返す事によって目に見える効果を実感し易い上に、顔全体への施術が可能な事から使い易い方法ともなっています。
ライムライトのリスクは大きい?

オススメの開始季節

ライムライトはダウンタイムをあまり気にする必要も無く、施術当日からメイクを行う事も可能で、軽い腫れや赤みが発生した場合においても数日で殆ど軽快します。もともとの肌へのダメージが高く無い事を、この点からも伺う事が出来ます。
一方で注意したい事として、日焼け直後の肌には施術出来ないという点を挙げられます。可能なら日焼けリスクが少ない季節を選んで施術の開始に踏み切るのが望ましいと言え、継続期間が数ヵ月見込まれる事を考えると初秋~晩秋あたりがお勧めとなります。
また稀ではありますが戻りジミと言って、施術後に軽快したシミが時間を経てより目立ってしまうようなケースもあります。これは光照射そのものが体質に合うかどうかとも強く関わる事から、特に施術回数が浅い段階での経過観察については施術者とコミュニケーションを図りつつ、慎重を要すると言えます。
ですがある程度光の出力を抑えつつ行える施術でもあり、ライムライトは基本的にはリスクはそれほど高くないものと捉えられます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。