Qスイッチ・ルビ―レーザーのアフターケアって何がダメなの?

Qスイッチ・ルビ―レーザーはシミやそばかすにも効果があるとして、顔や首筋に照射することでそれらを消すことが出来ます。
そもそもQスイッチ・ルビ―レーザーはルビーレーザーを利用して患部にレーザー光を照射します。この時の光は694nmでこれはメラニン色素が良く吸収する波長の光です。一方参加ヘモグロビンなどはこの光をあまり吸収しないので、正常な皮膚や血管はほとんど傷つけることはありません。ルビーレーザーだけでは出力が小さいので、中にQスイッチを取り付けることで、ある程度エネルギーを貯めてから照射するようになっています。
周囲へのダメージは最小限で、ある程度大きさのあるシミから、そばかす、アザなどにも効果があることが分かっています。先天的にある青いあざに対しても効果があり、これらをレーザーで消すことが出来ます。
これらの効果をしっかりと引き出すためにも、医師の指導の元しっかりとアフターケアを行う必要があります。
Qスイッチ・ルビ―レーザーのアフターケアって何がダメなの?

アフターケアはしっかりと行う必要

シミやアザの除去に有効なQスイッチ・ルビ―レーザーですが、肌のデリケートな治療を行うので、そのアフターケアはしっかりと行う必要があります。
通常Qスイッチ・ルビ―レーザーを患部に照射すると、白くなっていますが30分ほどすると赤くはれてきます。その腫れも一時的なもので、次の日には腫れは引いてしまいますが、数日後にはかさぶたができるようになります。このかさぶたですが、決して無理にはがしてはいけません。痕が残る場合もありますし、感染症を引き起こす危険もあるので、医師の指示の元、軟膏などを塗って自然に治るのを待ちましょう。
照射後には歯だがデリケートになっているので、紫外線はなるべく晒さないようにしましょう。入浴については患部を擦らなければ問題なく行えます。化粧についてはかさぶたができれば患部にも簡単なメイクはできます。かさぶたが完全になくなってしまえば、普通のメイクで構いません。
なお皮膚に病気があったり、皮膚がデリケートな方、妊娠中の方はQスイッチ・ルビ―レーザーを照射することができないので注意しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。