知らないと怖い、ポラリスのデメリット

メスや注射器を使わない美容医療は、気軽に受けられるとして人気です。
中でも「ポラリス」という美容医療は、高周波とダイオードレーザーを組み合わせた施術法で、敏感肌の方でも施術を受けられる、肌への負担が少ない美容医療です。
刺激が少ないというだけでなく、他の美容医療と比較しても費用はとてもリーズナブルとなっています。
ただ、メリットだけに注目されがちなポラリスですが、メリットがあればやはりデメリットも存在しています。
デメリットとして挙げられるのが、他の美容医療より施術効果の持続性が低いという事です。
レーザーや高周波、超音波などを照射する美容医療の中には、1度施術を受けたら約1年程度効果が持続する施術法もあります。
一方、ポラリスはというと3週間から1か月程度しか、施術の効果が持続しません。
肌への刺激も少なく、費用もリーズナブルというメリットはありますが、定期的に施術を受けなければ効果をキープできないとい事は、考慮しておく必要があると言えるでしょう。
知らないと怖い、ポラリスのデメリット

効果の持続性が短い

ポラリスのデメリットとして挙げられるのが、「効果の持続性が短い」という点です。
施術後、3週間から1ヶ月程度しか効果をキープする事ができません。
ですので、1ヶ月に1度施術を受けにクリニックへ通う必要があります。
何回もクリニックを受診するのは面倒という方には、向いていない美容医療と言えるでしょう。
また、効果の持続性は施術を行う医師の腕次第で、大きく左右されてしまいます。
ポラリスは比較的新しい美容医療という事もあり、あまり詳しく無い医師が施術を行っているケースも少なくないようです。
このような医師が施術を行うと、全く効果が出ないという結果に終わってしまう事もあるのです。
費用は他の美容医療と比較すると、リーズナブルですが施術を受けても美容効果を得られないとなると、やはり損した気分になってしまいます。
ですので、施術を受ける際はポラリスに詳しい医師を選ぶ事が大切です。
当相談所では信頼できる医師をご紹介していますので、ご利用してください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。