フォトRFに失敗したら?

フォトRFに失敗としては、光アレルギー等のある場合は基本的には施術はできない治療方法です。光アレルギーだけではなく、極端に日焼けをしているお肌にも、照射することは向いていません。光アレルギーの場合は施術は受けないようにすることですが、日焼けの場合は時間の経過によって皮膚の状態が戻ってからになります。黒く日に焼けたとしても、人間の皮膚は新陳代謝がありますので、時間をかけながら元の色へと戻っていきます。そのため日焼けをした直後は治療には向きませんが、肌の色が戻ったらお手入れは可能になります。日焼けのレベルにもよりますが、皮膚のサイクルからしても、1ヶ月間から3ヶ月間ほどの期間は、紫外線から皮膚を守ってスキンケアと美白ケアをすることで、肌は通常の色に戻りますので、フォトRFの治療を受けられる状態に変わります。健康状態として、糖尿病や心臓病を患う人にも、こうした医療機器での照射系の治療は向きませんので、注意をする必要があります。

フォトRFに失敗したら?

フォトRFは本当に優しい美肌治療

フォトRFに失敗したら、適切なエネルギー出力の設定であったか、回数は少なすぎなかったか、そして通い方として適切であったかなども含めて、再度治療を行うことです。数ある美容医療機器での施術方法の中においても、フォトRFは本当に優しい美肌治療のできる方法です。お手入れを受けるにしても、エステサロンでの美顔器で受けるようなケアですので、治療に対しての不安感を持つ必要もありません。失敗と感じたのであれば、基本を正しく行って、光治療を受けることです。IPLのフォトフェイシャルの光と、高周波RFとを組み合わせたのが、皮膚のトータルケアに抜群の作用をもたらすフォトRFです。この2つの素晴らしくパワフルなエネルギーを組み合わせてお肌へと照射をすることによって、出力の設定が低くても、皮膚には効果的に働きかけることになります。強烈なレーザー光をあてるのとは違って、優しい低出力での照射が特徴的であり、皮膚への負担はとても少ないです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。