ニュートンコグリフト(N-COG)によっておこりうるリスクって?

ニュートンコグリフト(N-COG)は「切らないフェイスリフト」と呼ばれるたるみを改善するための治療法であり、年齢を問わず若い世代からも人気がある治療法です。
ニュートンコグリフト(N-COG)は従来行われていたリフトアップ術とは違って、棘がジグザグに入った特殊な糸を使用しているために皮膚組織に絡まりやすくなっているので、棘の部分が皮膚組織と絡み合う力が非常に強く、顔全体を強い力でリフトアップさせることを可能にしています。
この治療法に使われている医療用の糸はその後、体内で吸収されるようになっていますが、肌のハリや弾力を支えているコラーゲンの増幅を促進する働きがあるので、フェイスラインのたるみの改善だけではなく、肌のハリの向上や毛穴が目立たなくなるといった効果も発揮されます。
また、ニュートンコグリフト(N-COG)は効果がすぐに発揮されますし、治療で使う糸は2年程度で吸収されるので、効果がヒアルロン酸注入などのプチ整形よりも持続します。
メスを使わない「切らないフェイスリフト」ですから、針の穴程度の傷で傷跡が残らずダウンタイムも少ない治療法ですが、リスクもあるのでその点は注意が必要です。

ニュートンコグリフト(N-COG)のリスク

内出血や腫れが起こるリスクは少ない

ニュートンコグリフト(N-COG)は「メスを使わない治療法でたるみを改善したい」という方に適した治療法と言えますが、リフトアップ効果もすぐに実感できて体への負担も少ないなどのメリットがある一方で、皮膚が薄い方は特に麻痺や引きつれなどといった術後のトラブルが起こりやすいとも言われています。
ニュートンコグリフト(N-COG)は治療を担当する医師の経験や技術によって仕上がりが左右される事が多いので、細かい調節ができる技術を持った熟練の医師を選ぶ事が重要だと言われています。
もしトラブルが発生した場合は再手術や修正手術が必要になります。
また、ニュートンコグリフト(N-COG)は従来のリフトアップ術より内出血や腫れが起こるリスクは少ないと言われていますが、体質によっては通常症状が治まるまでにかかる1週間程度よりも長引いてしまう事もあるので、ダウンタイム中の外出はマスクが必須になるでしょうし、仕上がりの良さや効果はアフターケアが重要になってくるので、その点でも注意が必要になります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。