ミラクルリフトのダウンタイムは長い?短い?

ミラクルリフトとは糸を使ったリフトアップの中で効果や持続期間が長いものです。ミラクルリフトは両端に折り返しのついた長さ40㎝の特殊構造の糸を10本以上を皮膚の下に通して、皮膚を引き上げます。そしてこの糸はポリプロピレン製の溶けない糸です。ギザギザの特殊な加工を螺旋状に施されています。この糸を多数使い、こめかみの真皮と浅側頭筋膜に固定して行います。一本の糸に強く掴む力もあり、従来のものより大量の糸を使用するので治療効果も非常に高いです。持続期間が長いということがこの施術の特徴ともいえます。外科手術でも使用されているポリプロピレン製の糸なので安全性が高いとも言えます。ミラクルリフトを行うことで、糸が埋め込まれたことにより傷を治そうとする自己治療力が働き、免疫反応が起き、糸の周りで体内コラーゲンやヒアルロン酸の増量がおき、美肌効果も期待出来ます。ダウンタイム、痛み、内出血、腫れについても理解しておくことが大切です。

ミラクルリフトのダウンタイム

ダウンタイムは2週間程

ミラクルリフトの効果としては、頬から顎にかけての、フェイスライン、マリオネットライン、ほうれい線です。これにより小顔にも効果が発揮されます。そしてミラクルリフトの施術時間です。挿入する糸の本数や弛みの状態にもよりますが、一般的な本数の場合の施術時間は約30分から1時間程度です。ダウンタイムは2週間程です。洗顔は翌日から行えます。顔から下のシャワーは当日から可能です。シャンプーは2~3日後から可能になります。施術後2~3日間は腫れはみられます。そして内出血は2週間程は続くことが多いです。痛みが2~3日続く方もいますが、時間の経過とともに消失します。激しい運動などは2週間は避けて下さい。比較的安全な施術ですが、デメリットや失敗の可能性は必ずあるものです。経験のある医師やアフターケアをしっかり行ってくれるクリニックを選ぶことがとても大切です。当相談所では名医の御紹介を行っています。お気軽に御連絡下さい。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。