目の上のたるみの美容整形で起こりえるリスクって?

目の部分は、顔の美容面において最も影響が出やすい部分といわれています。その原因として考えられているのが重力であり、重力の影響を受けて目の上の部分の筋肉が落ちてきて皮膚が伸びるようになってしまうことによって目の上のたるみを引き起こしてしまうことが指摘されています。目の上のたるみは化粧品などではごまかしきれるわけではありませんので、目の上のたるみの美容整形は解消させるための手段として女性を中心に定着している手術方法です。若いうちであれば重力の影響は受けませんが、加齢によってどうしても重力の影響は受けるようになります。
目の上のたるみの美容整形を行うことで、すっきりとした目元を演出して若返ったような印象を与えることができます。この手術の具体的なやり方としては目の上の部分に余計に膨らんでしまった皮膚を切除することでたるみを解消してアンチエイジング効果を実感できるようにすることができます。
ただ、この方法にもリスクはやはり存在しますので、そうしたデメリットは充分に把握しておかなければなりません。

目の上のたるみの美容整形で起こりえるリスクって?

2つのケース

目の上のたるみの美容整形を行うときに発生してしまうリスクとしては、最初にとりすぎてしまった場合です。その場合には逆に手術前よりも老けて見られてしまうというリスクがあります。とりすぎてしまった分が自然に戻ることはありませんので別の修正手術を必要としてしまい面倒になってしまうことが考えられます。
二つ目に体質によっては術後の傷痕が目立ってしまうという場合が考えられます。また、術後に眠たそうな目になってしまうという場合もあります。それぞれに応じた対処法がありますので、場合によっては修正手術を受けるようにします。術後に眠たそうな目で見られる場合においては、眼瞼下垂と呼ばれる病気が考えられますので治療を要します。
目の上のたるみの美容整形を受けてから心がけることとしては、ダウンタイム中には処方された医薬品を飲むようにします。これは、主に痛み止めとなります。術後の腫れについては個人差が存在しますが、大体の目安としては腫れが引くのに1ヶ月から3ヶ月くらいはかかる傾向があります。
手術した後の当日の入浴は禁止事項です。感染症にかかるリスクを減らすためにも行ってはいけません。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。