目の下のたるみの美容整形の効果が大きいのはどんな場合?

目の下のたるみの美容整形で高い効果が期待できるのは、加齢によって目の周りの筋肉が落ちて、皮膚が垂れ下がっている場合です。この場合は、伸びてしまった余分な皮膚を取り除くことで、たるみを解消して若々しい目元にする効果が得られます。
目の下のたるみのせいで実年齢よりも老けて見られる、疲れた表情になってしまう、黒くまのようになってしまっている、という人には目の下のたるみの美容整形の効果ははっきり出やすいです。
下まつげの生え際から目の下のたるみを切除して縫うというシンプルな方法で、人によって異なりますが、施術時間はだいたい30分くらいで終わります。
この手術は、女性にも男性にも適用できます。
術後の通院回数も1〜2回程度と少ないので、何度も繰り返し通うことができない人にも適しています。
術後の腫れは、峠は1〜2週間です。これが過ぎれば徐々にひいていきます。
ただし、目元をいじる手術なので、健康被害のリスクには気をつける必要があります。

目の下のたるみの美容整形の効果が大きいのはどんな場合?

若返りの効果がある美容整形

目の下のたるみの美容整形を受けると、だいたい5歳くらいの若返り効果が得られます。
目の下がたるんでいると疲れたような表情に見られてしまいがちですが、これが解消されることで若々しく、アクティブな印象に変えることができます。
目の下のたるみの美容整形では、伸びてしまった皮膚は切除してしまうので、即効でハリのある肌に変えることができます。
すぐに効果が欲しい、半永久的な効果を望んでいるという人に適した手術と言えます。
これだけメリットが多い手術ですが、失敗してしまうと目の神経を傷つけてしまってものが二重に見えてしまったり、唇のあたりに神経麻痺が残ってしまうこともあります。
クリニックによって成功率には差があるので、技術力の高いクリニックを選んで、安全に確実に仕上げてもらうようにしましょう。
情報が不十分であれば、美容医療の相談機関などを利用して、クリニックを紹介してもらうという方法もあります。メールや電話から相談可能になっています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。