目の下のくぼみの美容整形のアフターケアで知っておいてほしいこと

女性はいくつになっても若々しい容姿を維持していたいものですが、どうしても大切なお顔には、老化の兆しが現れてしまいます。特に目の下は、皮膚も薄いため、トラブルが現れやすい場所で、見た目の印象を大きく変えてしまう部位でもあります。目の下のクマは、くぼみによる凹凸が原因であることも多く、美容液などのスキンケアやマッサージでは解決しません。素人が触りすぎることで、返ってしわを深くさせてしまうことも多いので、ぜひ、目の下のくぼみの美容整形を受けて、ハリのある若々しい顔を取り戻しましょう。目の下のくぼみの美容整形には、色々な治療法がありますが、人気が高く効果がはっきりと現れやすいものは、美容成分などを注入する治療法となります。メスを使わないためダウンタイムは少ないとは言われていますが、大きく腫れてしまう方もおり、アフターケアとしてはアイシングが効果的です。しっかりと冷やすことで痛みも和らぐので、術後一週間程度はアイシングをお勧めします。
目の下のくぼみの美容整形のアフターケアで知っておいてほしいこと

アフターケアが楽な施術

目の下のくぼみの美容整形では、注射器を使った注入法が一般的ではありますが、患者さんの状況によっては、たるみがひどい場合もあり、このような場合にはメスを使って脂肪を除去したほうが美しく仕上がることもあります。カウンセリングでは医師が、患者さんの状況をしっかりと見極め、最適な治療法を組み立てていくので、ダウンタイムなどのリスクも十分に考えながら、納得できるまで打ち合わせましょう。目の下のくぼみの美容整形ではヒアルロン酸注入が、最もコストも安く手軽だといわれていますが、半年程度でアフターケアとして再度注入しなければならないので、より効果が長続きするPRP皮膚再生治療を行う方も少なくありません。この治療法だと自分の血小板を使用するので、三年程度は効果が続くといわれており、アフターケアが楽ということで人気ですが、施術を行う医師にはかなり高いスキルが求められるので、経験を積んだドクターを見つけることが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。