目の下のこけの美容整形のダウンタイムは、過ごし方で前後する?

目の下は老化が進みやすい部分ですが、美容医療を利用することで若々しさを取り戻すことができます。目の下のこけの美容整形は様々な種類があり、施術を行うことで目の周りの皮膚の張りや弾力をアップさせることができます。目の下のこけの美容整形はメスを使うものもあれば、糸を挿入する治療、さらに照射系の治療などメスを使わずに行えるものもありますが、いずれの場合も多少なりとも傷みや内出血などのダウンタイムはありますので、そのこともよく考えて施術を行うことが大事です。目のまわりはカバーしづらいこともあり、仕事が休めないときなどはとても困ってしまうことになります。強い痛みや腫れについては数日程度で回復することが多いですが、ダウンタイムの過ごし方が良くないと回復が遅れてしまうこともありますので、治療後のケアもきちんと行うことが大事です。
早い改善を得るためにも治療後は医師のアドバイスに従い、正しいケアを続けていきましょう。

目の下のこけの美容整形のダウンタイムは、過ごし方で前後する?

ダウンタイムが長くなる行為とは

目の下のこけの美容整形は治療中は麻酔が利用されますので、治療中に痛みを感じる心配はありませんが、麻酔が切れてくるとある程度の痛みもありますし、腫れや内出血も出てくることがあります。
長く休みを取れないという場合は目の下のこけの美容整形を行う際はできるだけ腫れや内出血が伴わない治療を選ぶことも大事です。
ダウンタイムが長くなってしまう行為としては、まず、喫煙、飲酒などがあげられます。治療直後はこうした行為があるとダウンタイムが長引いてしまうこともありますので、安静に過ごしておきましょう。
さらに長時間の入浴も血行を良くしますので避け、シャワーなどで対応しておくとことがおすすめです。
そして気になるからと患部を触りすぎることもよくありませんし、洗顔やメイクなども医師の許可が下りてから行うようにしましょう。
正しいケアを行っておけばより早い改善を得ることができ、より早く若々しい顔を得ることができます。
もしもの不具合に備えてアフターケアもしっかり行うクリニックを選んでおくとより安心です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。