目の下のこけの美容整形のアフターケアで大事なことって何?

目の下のこけの美容整形を受けた後は、日常生活の中でのアフターケアが必要となります。
施術前にも説明がありますが、このアフターケア次第で目の下のこけの美容整形施術の結果に差が生じる可能性がありますので、しっかりと把握しておかなければいけません。
まず施術後に大事なことは腫れを引かせることですので、施術から3日間は時間を決めて、タオルでくるんだアイスノンや氷水などでじんわりと患部を冷やすようにしましょう。
次に腫れが引いた後は内出血をなくすことです。
内出血は腫れとは逆に温めることで消えますので、時間を決めて適温にした蒸しタオルなどで患部を温めるとよいでしょう。
このあたりの処置は、施術を受けたクリニックでも説明があるはずですので、どのくらいの期間や頻度で行えばいいのかに不安がある場合は事前に確認することが大切です。
アフターケアは基本的にクリニックでの事前説明や注意事項をしっかり把握しておけば、それほど大きなトラブルにつながることはありません。
目の下のこけの美容整形のアフターケアで大事なことって何?

アフターケアの説明はしっかり聞こう

目の下のこけの美容整形後のアフターケアはクリニックでの説明を聞いていれば問題なく行えますが、日常生活の過ごし方に気を付けておくと、よりよい結果となります。
例えば、施術後は表情をあまり出さないようにするということです。
表情を大きく動かすと当然、患部である目の下も動いてしまいます。これがあまりに頻繁に起こると腫れを長引かせてしまったり、むくみを生じさせる原因となってしまいますので注意しましょう。
特に泣いてしまうと患部を濡らしてしまうことにも繋がりますので、炎症や腫れを引き起こす原因となります。
他にも喫煙や飲酒は、どちらも血行に影響を与えて腫れを長引かせる原因となります。ですので、目の下のこけの美容整形から1週間程度は控えるべきです。
また運動習慣がある場合も同様に血行に影響を与える可能性がありますので1週間程度は休んだ方がよいでしょう。
このように日常生活の中で気を付けなければいけないこともありますので、分からないことは早めにクリニックに問い合わせておくことが大事です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。