目尻のしわの美容整形のダウンタイムの過ごし方、注意すべきポイントは?

目尻のしわの美容整形では、目尻にボトックス注射を打つのは効果的な方法です。針を刺すときには痛みがありますが、ボトックスを注入してしまえば、もう痛みは消えています。針をさすことで内出血が出ることもありますが、極細の注射針を使うと内出血は起こりにくいです。ボトックス注入では、あまり皮膚が腫れることはありません。ダウンタイムの過ごし方で、注意すべきポイントとしては、注入をした日は湯船に浸かるのはやめて、シャワーのみで済ませましょう。針の跡は数日は残ることがありますので、あまり触れないようにします。メイクをするお隠れますので、会社へ行く時や外出の時には、ファンデーションを塗るといいです。内出血のあるときには、その部分を強くこするのはやめましょう。外出をするときには、肌には日焼け止めのクリームを塗るなど、対策をして過ごしましょう。目尻のしわの美容整形でしわにボトックスを入れるときには、その場所をマッサージする必要はありません。
目尻のしわの美容整形のダウンタイムの過ごし方、注意すべきポイントは?

美しくキープするには紫外線対策

目尻のしわの美容整形を医療機器のレーザーで治療をしたロキには、痛み乗るレーザーなので少しだけ我慢は必要です。ですが塗る麻酔クリームがあるので、表面上は痛みは少なくなります。でも照射は奥まで届くので、その痛みはかなり感じます。麻酔クリームは気休め程度なので、余りにも痛いときには設定変更も必要です。レーザーで目尻に内出血が起きることはないですが、少し腫れぼったい感じにはなります。目尻のしわの美容整形でレーザーでの治療をしたら、ダウンタイムの過ごし方で、注意すべきポイントは、絶対に皮膚を焼かないことです。太陽の光をそのまま浴びてしまっては、いつもよりも数倍の確率で日焼けをしますし、皮膚の弱い状態なので、そのまま色素沈着をして、見事にシミになってしまう、嬉しくはないコースが待っています。だから、目尻のしわをなくして、なおかつ美しい皮膚の状態をキープするのであれば、紫外線への対策は必ずやっておきましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。