マリオネットラインのくぼみの美容整形の修正に欠かせないポイントとは

口元の皮膚がたるんでしまうと、見た目は一気に老けた印象を与えてしまい、どんな美人も台無しになってしまいます。女性は、いくつになっても若く美しくありたいと願い、毎日朝晩とスキンケアにも力を入れますが、このようなセルフケアだけでは、老化のスピードを緩められないことも多く、日に日にフェイスラインが緩み、締まりのない顔立ちになってしまうことに悩んでいる方も少なくありません。年齢肌トラブルが現れやすい口元には、マリオネットラインのくぼみの美容整形が有効的で人気も高いですが、一見簡単そうに思える施術でも、失敗する例も少なくないので、クリニック及び担当の美容外科医は、慎重に見極めるようにしましょう。ヒアルロン酸などの注入系のマリオネットラインのくぼみの美容整形は、コストも安く、ダウンタイムもほとんどないので手軽にできると人気ですが、適所に適量を入れるという事を誤ると、不自然な膨らみができ、修正しなければならないことになってしまいます。
マリオネットラインのくぼみの美容整形の修正に欠かせないポイントとは

修正するのは難しいこと?

マリオネットラインのくぼみの美容整形による失敗例は、ヒアルロン酸などの量を間違えたり、入れる場所を間違えることで、不自然な膨らみができ、四角い顔になってしまうことが挙げられます。このような状態になってしまった場合の修正方法としては、溶解注射を打ち成分を溶かすしかありませんが、しこりになってしまう方もいるので、やはりリスクの低い治療とは言え、熟練した医師に行ってもらうことが大切です。マリオネットラインのくぼみの美容整形の注入系治療では、患者自身の血小板を使って行う再生治療も人気ですが、この治療の場合には、仕上がりの肌の膨らみ具合が予測しにくいところがあるので、ヒアルロン酸と同様、不自然にボリュームを持たせすぎてしまうトラブルが見られます。マリオネットラインだけを触るのではなく、皮膚のくぼみは、その上の頬についた脂肪が垂れ下がってしまっていることによる溝なので、頬からしっかりと引き上げることが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。