マリオネットラインのくぼみの美容整形の料金相場って高いの?

マリオネットラインのくぼみの美容整形には、いろいろと種類があります。
1つ目は皮膚や皮下組織のたるみを解消する、サーマクールやウルトラシステムといった照射系の治療法です。これは30〜40代の人に適しています。
2つ目はマリオネットラインのくぼみを膨らませて目立たなくさせる、ヒアルロン酸注入などによる治療法です。これは半永久的な効果は望めませんが、数ヶ月〜数年で元に戻るので万が一気に入らなくてもトラブルになりにくいです。
深いマリオネットラインのくぼみの美容整形をしたくて、半永久的な効果を望むのであれば、SMAS(表情筋膜)法が適しています。
料金相場は80〜120万円と高額になりますが、高いリフトアップ効果と持続性が期待できる方法です。
ただし、SMAS法は高い技術力が求められる治療法です。引き上げの程度、縫い合わせ位置によってリフトアップ効果と持続性が全く変わってくるので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。
マリオネットラインのくぼみの美容整形の料金相場って高いの?

料金相場と抜糸までの期間は?

SMAS法によるマリオネットラインのくぼみの美容整形の料金相場は、80〜120万円とかなり高額になります。
皮膚だけではなく皮下脂肪の下にある筋膜組織であるSMASを引き上げるので、高度な技術が必要です。方法としては耳の付け根の目立たない部分を切開して、皮膚とSMASを引き上げて、余った皮膚を切除して縫合します。
SMAS法でマリオネットラインのくぼみの美容整形は効果が高い分、リスクも高い手術と言われています。手術から1〜2週間は腫れ、痛み、内出血が続きますし、抜糸まで1週間かかります。
それほど深いくぼみでなければ、サーマクールやウルトラシステム、といった照射治療のほうが安全です。こちらは10〜30万円程度の料金相場になっています。ただし、効果の持続性に関しては微妙です。
自分の悩みに合った治療を受けるためには、情報集めが大切です。美容医療の相談を専門に受け付けている機関もあるので、そこに相談してみましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。