マリオネットラインのくぼみの美容整形の効果が期待できるのは?

マリオネットラインのくぼみの美容整形は、照射系、注入系の2種類がメインです。このほかに糸で引き上げるフェイスリフト方法もありますが、料金が高い、体への負担が高いので、まずは照射系か注入系を考慮することになります。
照射系は、マリオネットラインのくぼみが小さい人であれば、効果が期待できます。30〜40代の少しくぼみが気になってきた人なら照射系が適してるでしょう。
それよりもくぼみが深くなっている場合には、糸を埋め込んで細胞を活性化させたり、糸を使って物理的に組織を引き上げる方が確実な可能性があります。
糸を埋め込むことでコラーゲン生成を促進させたり、細胞を活性化させる系の治療は、照射系とフェイスリフトの中間の効果が期待できます。
マリオネットラインのくぼみの美容整形には種類がたくさんあるので、どの程度のくぼみなのかを医師と話し合って見極めることが大切です。必要であればセカンドオピニオンを受けた方が良いでしょう。
マリオネットラインのくぼみの美容整形の効果が期待できるのは?

長期間の効果はある?

次に、ヒアルロン酸注射によるマリオネットラインのくぼみの美容整形で効果が期待できるのは、半永久的な効果は期待しないけれども、試しに治療を受けてみたいというタイプの人です。
こちらはくぼみをヒアルロン酸で直接膨らませてくぼみを埋める方法で、仕上がりに不満があっても時間の経過によって元に戻るので、ローリスクローリターンな方法を言えます。
これよりも長期的な効果を望むのであれば、自分の細胞を吸引採取してきて、くぼみに注入する脂肪注入やFGFやPRPといった再生治療があります。
ただし、これらの方法はしこり、生着しない、膨らみすぎ、などのリスクがあり、仕上がりに不満があっても修正が困難になります。
マリオネットラインのくぼみの美容整形は、どの程度の間もてば良いのか、リスクを低くしたいのか確実な方法が良いのかで選ぶ必要があります。
いずれもリスクはあるので、美容整形医療の相談機関で説明を受けてからクリニックを選んだ方が安全です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。