マクロピールの名医を選ぶうえで外せないポイントとは

ピーリングは、古くなった角質層を様々な方法で取り除くことで、肌の新陳代謝を促して肌本来の状態を取り戻すことができます。表皮の最も深い部分で作られた新しい細胞は分裂することで古い細胞を上に押し上げて、最終的に角質となり剥がれ落ち、この周期をターンオーバーと言います。ターンオーバーのリズムが乱れると古い角質が剥がれないため、徐々に角質は厚くなっていきます。にきびにも効果が期待できるピーリングは、毛穴の出口をふさぐ角質を除去することができるため、にきびが改善されたりにきびが出来にくい肌になります。マクロピールは、サリチル酸マクロゴールを使用し、薬剤が毛穴の中まで入り、均一に角質を除去することができる施術です。マクロピールは治療中の炎症などがなく、角質層のみを除去できるため安全なピーリングです。マクロピールはニキビの改善などに効果的な方法ですが、施術中に炎症を起こす場合もあるため、施術をうける場合には名医にお願いすることがよい方法です。
マクロピールの名医を選ぶうえで外せないポイントとは

角質や皮脂を取り除く治療方法

マクロピールは、角質や皮脂を取り除く治療方法で、メリットはニキビ肌を改善することが期待できます。デメリットは施術中に炎症を起こしたり、効果ができない場合もあり得ます。ダウンタイムは殆どありませんが、数日赤みがでる場合があります。
マクロピールは痛みや炎症が起こりにくく、角質層のみを薬剤を使用して穏やかに溶解することができるため、一般的なピーリングよりも安全性が高い治療方法です。
難知性ニキビにも有効な治療法ですが、肌の角質層を溶かすという方法なので、医師の指導のもとでアフターケアなどを含めて適切な治療を受ける必要があります。角質層は紫外線などの刺激から肌を守る働きがあり、この治療法で角質層を溶かしたあとの肌は抵抗力が低下して紫外線の影響を受けやすくなります。さらに再形成された角質は天然保湿因子やセラミドなどの含有量が少なく、肌の水分を保持することが難しくなり、乾燥肌などになりやすくなります。
マクロピールの治療する場合には、アフターケアなどをしっかりアドバイスできる名医を選ぶことが大切です。ネットなどで名医を消化しているサイトなどを上手に活用して、治療は名医にお願いします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。