唇のたるみの美容整形を受ける前に失敗について知っておこう

頬や額、目元などにたるみが見られることがありますが、唇も例外ではなく、しわが目立ったり、たるみが生じるようになります。唇がたるむとだらしない見た目になりやすく、若さが失われ気味になるのが問題です。
唇のたるみの美容整形がありますので、悩みがあるなら利用してみましょう。しかし、施術を受けるからには失敗がつきものだと予め覚えておいてください。比較的簡単な治療法で唇のたるみの美容整形を受けることができますが、簡単でもリスクが100%ないとは断定できません。行い方によっては、思わぬ失敗を招いてしまいます。
失敗例としてよく知られるのが、とても安い施術を受けたばかりに、満足のできる治療が受けられなかったというものです。基本的に美容整形は自由診療の世界ですので、費用に差が生じることがよくあります。ですが、おおよその相場が決まっています。
この相場よりも安すぎる医療機関はリスクが高いため、利用を避けるようにしましょう。
唇のたるみの美容整形を受ける前に失敗について知っておこう

失敗する可能性はある?

唇のたるみの美容整形で主に利用されるのが、ヒアルロン酸注入です。永久的な効果が得られる手段ではないものの、体に害のない安全な成分を注入しますので、安心できるというメリットがあります。だいたい1年から2年くらいで体に自然に吸収されていきます。吸収された後は元の唇の状態に戻るようになります。
安全性の高いヒアルロン酸による、唇のたるみの美容整形ですが、失敗例も存在します。よくあるのが、注入量が適切でないというものです。量が多すぎると、唇が不自然に立体的になってしまいます。前述のとおり、ヒアルロン酸は放っておけば次第に消滅しますので、時間の経過とともに不自然さがなくなっていきますが、早めに修正をしたいのであれば、医療機関でヒアルロン酸を分解する施術を受けます。
逆に量が少なすぎることで、理想通りの見た目にならない例も存在します。この場合は追加でヒアルロン酸を注入すれば、解決します。
ヒアルロン酸の質が悪いと、凸凹やしこりができる場合があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。