首のたるみの美容整形のアフターケアで気をつけるポイントは?

首のたるみの美容整形を受けるなら、治療のアフターケアも知っておきましょう。意外と目立つのが、顔と同じくらいの存在感の、しわのたるみです。首のたるみの美容整形では、たるみ治療に効果的なマシンを使用して、高周波で引き上げていくこともできます。ただ、高周波のマシンは、肌に直接高温を与える施術になりますので、熱いのが痛みにかんじることになります。だから、肌に効果の高い高周波治療は、痛みが強いと言い割るのです。その熱の痛みこそが、治療をする上でのデメリットになるでしょう。痛みの強さがあるのとともに、肌には熱で赤みが出てきます。その赤みは、治療を終わったあともしばらく続くことになります。肌の痛みやほてりは数時間で消えてはいきますが、自宅でも肌は冷やしてクールダウンをさせるのがいいでしょう。その日はお風呂にはないらないで、軽くシャワーをして、夜はクールダウンと保湿をすることです。肌は熱を持っているので、乾きやすいので保湿がとても重要になります。
首のたるみの美容整形のアフターケアで気をつけるポイントは?

アフターケアで気を付けたいこと

首のたるみの美容整形のアフターケアとして、 ネックリフトをした場合であれば、数日間は特に冷静に過ごすことです。リフトの手術は首のたるみの美容整形の中でも、とても高レベルな治療方法です。確実にしわを伸ばしますが、切開を伴いますので、術後は無理をしないことです。激しいスポーツをしたり、体温を急激に上げたりするのはやめましょう。強い痛みや腫れは、2週間程はでやすいので、穏やかに過ごすのが1番です。傷が癒えるまでは、特に生活習慣には気をつけましょう。湯船に入るのは少し我慢ですが、シャワーで清潔にするのはいいことです。傷には触らないことと、こするのも良くはありません。首の肌には紫外線対策の、UVケアのクリームを塗りましょう。日焼けは大敵ですし、たるみをおこしやすくなるので、UVカットのクリームは愛用をすることです。首の肌には、化粧水を使った保湿をして、水分を与えることも大事です。乳液までセットにして、首の皮膚を守りましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。