顔のヒアルロン酸によっておこりうるリスクとは

顔のヒアルロン酸手術は手軽で安く受けることができるため、人気の手術方法です。しかし針をさして薬剤を注入する手術であるためリスクがないわけではありません。まずリスクとして挙げられるのが内出血で施術中に皮膚中の血管に当たることにより出血してあざ状に青みがのこる場合があります。顔のヒアルロン酸注入は非常に細い針を使用して、目視で血管を避けながら注入を行います。しかし表面からは見えない毛細血管もあるため、内出血を100パーセント防ぐことは困難です。内出血が出た場合、通常2週間程度で治まりますが顔という比較的目立つ位置であることからダウンタイム期間が長く取れない方には大きいリスクになる恐れがあります。また浅い層への注入や誤った注入量により肌表面に凸凹が出来たり、ぷっくりと膨らんでいる状態になることがあります。特に目の下など皮膚が薄く凸凹が生じやすい部位となっており、技術力が必要になってくる手術です。

顔のヒアルロン酸のリスク

血管が塞がってしまうリスク

続いて顔のヒアルロン酸の手術で怖いのが、依存性があることです。特に顔のヒアルロン酸手術は持続性が低いためすぐに効果がなくなってしまう可能性が高いです。そこで何回も手術を行う方が多いのですが、ヒアルロン酸注入のしすぎは逆に顔を大きく見せてしまう恐れがあります。逆に免疫ができてしまうため効果が全くない場合もあります。また塞栓になることもあり、ヒアルロン酸が血管に注入され、血管が塞がってしまうリスクが
あります。放っておくと、皮膚に必要な酸素や栄養が行き届かなくなり、皮膚組織が壊死してしまいます。壊死に至る前に炎症が起こるので、手術後に違和感を感じたらすぐに手術を受けた医師に相談することをおすすめします。このように顔のヒアルロン酸手術は簡単で手軽に受けることができますが、その分のデメリットやリスクがあることをしっかりと理解しておきましょう。効果が実感できないだけならまだ良いのですが、最悪の場合皮膚組織が壊死することもあるので注意が必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。