ゴルゴラインのしわの美容整形のデメリット、後遺症は?

ゴルゴラインとは目頭から頬の中心に向かって走るくぼんだ線の事です。
マンガの主人公の顔に入っている線が名前の由来です。加齢によってできることが多くこの線があるととても老けて疲れた印象になってしまいます。
筋肉のたるみによってできる溝のようなくぼみの線です。
ゴルゴラインのしわの美容整形として一番簡単な方法はヒアルロン酸の注入です。
とても簡単にできるゴルゴラインのしわの美容整形ですが、デメリットとしてはヒアルロン酸は人体へ吸収されてしまうという事です。
吸収されてしまうという事は、また戻ってしまうという事なのです。
戻ってしまったら注入し続けなくてはいけません。
定期的な注入が必要という事です。そして注入する量が多すぎると盛り上がってしまう事があり不自然な状態になってしまうのです。
そして、繰り返し治療により問題が起こることもあるので、必ず信頼できるドクターに施術をしてもらうという事がとても大切になります。

ゴルゴラインのしわの美容整形のデメリット、後遺症は?

デメリットは医師の技量に比例する?

ゴルゴラインのしわの美容整形で行われることが多い施術には光による照射法、スレッドリフト法、切開法があります。
光による照射法はフォトフェイシャルなどがあります。サーマクールとの併用などを同時に行えるものが出てきています。しかしデメリットとしてはたるみへの効果を持続するためには継続し続けなくてはいけません。深い溝などには他の療法に比べて効果は低くなります。
FGF療法やPRP療法などの再生医療という方法があります。
注入してから徐々に改善していきます。
自分の組織が活性化していくので長期的な効果が得られます。ゴルゴラインのしわの美容整形にも効果が期待できますが、医師の技量により大きな差が出ます。
デメリットとしては、豊富な経験や高い技術が必要となり膨らみすぎてまったりしこりができしまうという失敗例もあります。
糸を埋め込む方法もありますが、やはり医師の技量により大きな差が出ます。
デコボコになってしまうなどのデメリットもあるので、信頼できる医師に施術してもらう事が重要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。