ゴルゴラインくぼみの美容整形のリスクを知っていますか?

目頭から頬にかけてのゴルゴラインのくぼみは、メイクをしても光の当たり具合でかなり目立ちます。
ゴルゴラインのくぼみのせいで、笑った時に顔が引きつって見えたり、なんとなく老け見えてしまったりする物です。
そんな女性の敵とも言えるゴルゴラインですが、今はゴルゴラインくぼみの美容整形でゴルゴラインの解消ができます。
ゴルゴラインの深さや、状態によって施術の方法は違ってきます。
ゴルゴラインくぼみの美容整形には大きく分けて3種類の方法があり、くぼんだ部分に脂肪やヒアルロン酸を注入する方法、
皮膚の下に糸を通してリフトアップする方法、くぼんでいない部分の骨格を削って高さを揃えてくぼみを解消する方法が存在します。
ヒアルロン酸の注入などは料金もそこまで高くはないので、現代は施術を受ける人も多く、人気のある施術法ではありますが、どの施術法にも当然リスクは伴います。
施術を受ける前にそのリスクを十分知っておく事が大切です。
ゴルゴラインくぼみの美容整形のリスクを知っていますか?

どのようなリスクが考えられるか

ゴルゴラインくぼみの美容整形にはいくつか方法があります。
ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法ですが、脂肪の注入の場合にはまず注入する脂肪を準備しなければなりません。
ですので顔以外の部分にも負担がかかり、ヒアルロン酸の注入よりもリスクが大きいと言えます。
また、脂肪やヒアルロン酸の注入は、注入する位置の断定が難しく、施術後に膨らませて欲しい部分とは違った部分が膨らんでしまう可能性もあり、必ず成功すると言う保障はありません。
次に皮膚の下に糸を通す方法ですが、ゴルゴラインを綺麗に消すと言うよりは、たるみを解消するリフトアップ効果の方が高く、使用する糸も皮膚の下で溶けていく物なので効果は数ヵ月程度です。
最後に骨格を削ってゴルゴラインを目立たなくする方法ですが、この施術法は骨格を削るので体への負担は一番大きいと言えます。
このようにゴルゴラインくぼみの美容整形にはいくつかの方法があり、それぞれに良い点と悪い点があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。