ゴルゴラインくぼみの美容整形のアフターケアが必要なのはナゼ?

目元は年齢を重ねるごとに様々な変化があらわれ、中でも漫画のゴルゴ13の主人公のような頬~目元に出来る線は疲れ顔や老け顔の原因にもなるので20代の若い方でも悩んでいる人が多い症状です。原因は頬の筋肉のたるみとそれに伴い脂肪が落ちる事で起こるので、ゴルゴラインくぼみの美容整形に関しては糸を使ったリフトアップやレーザーを当てて張りを戻す方法、そしてヒアルロン酸・脂肪注入、皮膚再生療法などのメスを使用しないプチ整形でも十分に効果を発揮しそれらの施術を受ける方が増えています。しかしメスを使用しないプチ整形であっても本格的な手術から比べるとかなり軽度ではありますがダウンタイムや腫れは多少ありますので、施術を受けた後はあまり血流が良くなるような運動や飲酒、長風呂などはさけるなど自分でもアフターケアについて把握する必要があります。ちなみにプチ整形でのゴルゴラインくぼみの美容整形の施術時間は30分ほどでダウンタイムは数日~1週間くらいが一般的です。
ゴルゴラインくぼみの美容整形のアフターケアが必要なのはナゼ?

帰宅後のアフターケアについて

専門用語で「ミッドチークライン」と呼ばれる通称・ゴルゴラインですが、これは漫画のゴルゴ13の主人公のように目の下から頬にかけて出来るラインのためこのように呼ばれています。この線が出来ると一気に老け顔になったり、疲れ顔になったり、暗いイメージになってしまい、早い方ですと20代からゴルゴラインに悩まされているようです。しかし、最近ではゴルゴラインくぼみの美容整形方法はメスを使用しないプチ整形が多く、気軽にゴルゴラインを解消することが可能です。そのメスを使用しないゴルゴラインくぼみの美容整形の種類は一般的なヒアルロン酸注入や、脂肪注入、皮膚再生療法、糸を使ったリフトアップ、レーザーを当てて張りを取り戻す方法などが人気で、施術時間はわずか30分ほどと短い上に日帰り施術を受ける事が出来ますので忙しい方にもお勧めです。ただし、帰宅後は血流が良くなる行動(飲酒、長時間の入浴、激しい運動)などはさけ、施術した部分に負担がかかるような行為を避けるなど自分で出来るアフターケアについても理解することで短い時間で綺麗に効果を得る事が出来ます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。