エランセのダウンタイム、痛みに弱くても大丈夫?

アンチエイジング効果が高いとされる『ヒアルロン酸』は有名ですが、体質によっては効果が現れない方も居ます。そんな時にヒアルロン酸と同等の成分で、効果が高い『エランセ』という注入剤があります。
このエランセの特徴は、効果がすぐに現れるという点と、効果が数年持続するという点です。顔に専用の針で注入し、肌にとって重要なコラーゲンを形成する効果があります。そのため、コラーゲン不足による皺やほうれい線除去にも効果的です。

具体的な施術は、針を使っての注入だけなので時間がかからない事も特徴です。事前のカウンセリングを行っても、全体で約30分ぐらいです。忙しくて時間が取れない、という方でも気軽に試せます。
また、1度注入したら効果は持続するため、2回目以降は定期的に行う必要がありません。美容施術は定期的にしなくてはいけないから難しい、という方でも自分の時間に合わせて施術を受ける事が出来ます。
施術後は、痛みや腫れ、内出血などの症状が現れますが、エランセのダウンタイムは基本的に短い事で知られています。

エランセのダウンタイム

ダウンタイムは長くても10日前後

エランセのダウンタイムについては、長くても10日前後が目安です。
ダウンタイムとは、施術を受けた肌が、施術前の状態にまで戻る期間の事を言います。エランセは、この期間が短く、内出血や腫れが出ても、メイクでカバーする事が出来ます。
体質によっては目立つ内出血や腫れを生じる場合もありますが、通常は10日前後で回復する事が多いです。
ダウンタイムには多少個人差が出ます。施術後は、無闇に顔を弄ったり刺激を与えないようにしましょう。痛みが酷い場合は、クリニックで鎮痛剤を処方してもらってください。

痛みに弱い方でも、施術前に肌を一時的に冷却する事で、施術中は麻痺して感じられないので大丈夫です。施術が終わった後も、処方される鎮痛剤を飲めば治まります。数日の辛抱なので、弱い方でも安心出来ます。
稀に症状が治まらない場合もなくはないので、事前にどれ程の痛みか、アフターケアはどうすればいいかなど、不安な部分はクリニックに相談しておく事が必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。