CO2フラクショナルレーザーのアフターケアが大切な理由

CO2フラクショナルレーザーとはレーザーによって点状で穴をあけます。穴をあけることで皮膚を再生しようとする自己再生能力によって穴は修復され、CO2フラクショナルレーザーを数回繰り返すことで皮膚が入れ替わるのです。
そして綺麗な肌がよみがえるという事です。
では、穴をあけるだけでアフターケアは何もしなくていいという事でしょうか。
穴が開いた状態のところに専用のパックを使う事で成分が肌の奥まで浸透するので穴が閉じる前に使うようにしましょう。
肌再生が促進されます。
とても乾燥しやすい状態なので保湿はとても大切です。いつも以上に保湿を心がけましょう。
そして日焼けは絶対にしてはいけません。日焼け止めを塗る、日焼けをしやすい場所は避けるなどということがとても重要となります。穴が開いた場所を再生するために小さなかさぶたができています。ざらざらしていますが、無理にこするなどの刺激を与えるようなことをしないようにしましょう。

co2furakusyonarure-zanoaftercare

アフターケアはとても重要

CO2フラクショナルレーザーの照射でレーザーによる点状の穴が無数にできるのです。
CO2フラクショナルレーザーをするたびに肌再生を繰り返すことで表皮の入れ替えが起こりハリのある綺麗な肌がよみがえるのです。照射後は赤味や軽度の腫れがあります。
アフターケアはとても重要となります。穴が開いている状態に専用のパックをすることで効果が高くなるので指示通りにパックをしましょう。
肌が乾燥しないように保湿にはいつも以上に気を付けなくてはいけません。
そして絶対にしてはいけないのが日焼けです。海などの日焼けをしやすい場所は避けるようにしましょう。
必要以上にさわったりしてはいけません。
小さな穴をあけたのでかさぶたが無数できているじょうたいになります。
カサカサしている状態になりますが絶対に無理にこすったり触ったりしないようにしましょう。
とても乾燥しやすいので、保湿は念入りにしなくてはいけません。
日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。