アンカレッジのリスクにはどんなものがある?

リストアップのアンカレッジですが、ただメリットを考えるだけではなくリスクやデメリットも知っておかないといけません。
アンカレッジの効果は半永久的に続くと言われていますが、どんなものであっても徐々に効果が薄くなったり、感じられなくなってきたりします。
このアンカレッジも例外ではありませんので、それを改めて知っておいた方が良いでしょう。

また施術する時に皮膚の状態に左右されることが多いです。
皮膚が薄いと糸を使用する方法になりますので、どうしても綺麗にしずらかったり、上手くいかなかったりするケースが多々あります。
これはどうしようもない場合が多く、皮膚が薄い方は他の施術方法を行った方が良いでしょう。
偶にそれでもこの方法で施術がしたいという方もいますが、リスクを知っておかなければなりませんし、施術が上手くいくかどうかの判断を医師が適切にできるかどうかも重要となってくるでしょう。
このように失敗してしまうリスクがあることを知っておきましょう。

アンカレッジのリスク

皮膚の状態によって大きく左右される

アンカレッジは意外とトラブルやデメリットやリスクがある方法となります。
皮膚が薄い方には向いていない施術方法になり、技術や経験や判断力が低い医師がいるクリニックで施術を受けるとリスクがとても高くなってしまいます。

単純にアンカレッジの施術で失敗した場合は効果がないというものが代表的にありますが、その他にも傷跡、糸の干渉、神経の損傷、皮膚の凸凹、後戻りなどがリスクとして考えられます。
プチ整形の範囲としては効果の高いフェイスリフトで知られるアンカレッジですけど、皮膚の状態によって大きく左右されるのです。
失敗例として糸が表面に出てきてしまうといったものがあり、糸を隠すなどして回避できますが皮膚が薄いとそういったことも難しくなります。
ですから、この方法でフェイスリフトを考えているのでしたら、施術しても大丈夫なのかカウンセリングでじっくりと相談した方が良いかもしれません。
施術を成功させるためには相性が良いかも重要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。