アンカレッジの効果は高い?

医療用の糸を皮膚の下に挿入することでリフトアップを目指す方法の中でも、アンカレッジは固定力をさらに高めた糸が使われるため、これまでよりも効果が期待できるとともに持続力も高い傾向があります。糸が吸収されずに残ると拒否反応など副作用が出て、取り除かなければならない心配がありましたが、アンカレッジは溶けて体に吸収される糸を使うことで、副作用の危険を極力減らすことができています。

針で刺して糸を通して行くため麻酔も部分的な使用で済み、体に負担の少ないやり方です。リフトアップが可能な部位は額や目じり、目の下などから口角やほうれい線、ゴルゴ線などがあり、フェイスラインをすっきりさせることもできますが、医師が適切な位置に糸を挿入しないと効果が下がってしまいます。デザインを考えて入れる位置や本数を導きだして施術してくれる、経験豊富な医師にお願いすることが失敗の可能性を避けることになります。肌の美しい仕上がりは、医師の腕にかかっています。

ankarejjinokouka

肌質の改善により美しい肌になる期待が持てます

アンカレッジで使用する糸は、しわやたるみを引き上げる効果だけではなく、マクロファージの活性化にもつながることで真皮層でコラーゲンの生産が増量されるほか、ヒアルロン酸の分泌も良くなる可能性が高まるため、肌質の改善により美しい肌になる期待が持てます。

個人差がありますが10か月ほどで糸が体に吸収されてなくなっても、すぐに効果がなくなるのではなく、しばらくはコラーゲンなどの影響で肌の再生能力が高まった状態が続くため、ハリの継続など若返り効果の維持が続くことが多くなります。

失敗した場合は糸が吸収されてなくなることを待つしかなく、アンカレッジにより変化がなかった場合、新たにいれることができる場合もありますが、負担がかかってしまう懸念が残ります。

失敗せず自然で美しい仕上がりにしてもらうためには、アンカレッジの名医に行ってもらう必要があります。当相談所にて名医のご紹介ができますから、興味がある方はお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。