アクアミド除去のアフターケアのタブーって何?

美容整形ではヒアルロン酸注入が安全性が高く、とても人気があります。なぜヒアルロン酸注入が安全であるかは、時間の経過とともに体に吸収される性質を持っているからです。しかし、体に吸収されれば、美容整形の効果がなくなってしまいます。効果がなくなるデメリットを上手く解消するのが、アクアミドと呼ばれる永久的な注入物を入れる施術です。
体に吸収されることがないため、施術効果をいつまでも維持できるのが魅力です。ですが、修正を希望する場合には、アクアミド除去の施術を受けなければなりません。
アクアミド除去のアフターケアですが、その施術内容によって気をつけるべき内容や時間に違いがあります。基本的には他の美容整形と同様のアフターケアに徹すれば問題ありませんが、原則としてアクアミド除去を実施した美容クリニックのアドバイスに従うようにしましょう。
説明を受けて疑問に感じる部分があるなら、遠慮なく質問してください。勘違いを防ぐことができます。

アクアミド除去のアフターケア

血行を促すアフターケアを行わないことが基本

アクアミド除去の方法にはいくつかありますが、アクアミドが皮膚に入り込んでいると、切開手術を受けなければ綺麗に取り除くことができません。皮下のアクアミドであればレーザーを用いるなどして、1回の施術で40%前後アクアミド除去ができるようになります。これを何度か繰り返します。切開手術であれば、ほぼ1回で除去できる可能性が高くなります。
レーザーを用いた施術であれば、体への負担が少ないため、アフターケアが楽になります。但し、表面は綺麗でも、皮膚内部にレーザーの影響がありますので、患部を刺激しないように注意してください。
切開手術を行ったなら、縫合した部分が再び開かないように、安静に過ごすことが大切です。傷口が閉じるまで、その部分を水で濡らさないようにしましょう。
これらの施術の共通点として、血行を促すアフターケアを行わないことが基本になります。入浴や激しい運動、マッサージ、飲酒などは、しばらく控えるようにしてください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。