ACR療法のデメリット4つのまとめ。ブログから集計済み

美容医療法の1つにACR療法があります。ここでの施術は、血液中に持つ自分自身の血小板を利用して、顔のシワやタルミを改善して若返りを促進する内容となっており、美容医療の中では最も新しい医療法となっています。

これまで用いられてきた医療法とは異なり、切開手術を必要としないことが大きな特徴になっており、患者自らの血液を利用するために、副作用やアレルギーなどの心配が少ないというメリットがあります。

他にも、腫れが少なくダウンタイムが短いことや、採血と注射のみにより施術は行われるために患者自身のストレスも少なく、皮膚の切開をしないために傷跡を残すことなく行うことができるようになっています。

効果としては、目もと周辺や鼻唇溝、額や顔全体のシワを除去できることがあり、ニキビ跡の改善や肌のキメを整えるなどの美肌効果も期待できるようになっています。

反面、ACR療法にはデメリットを始めとしたリスクも指摘されているために、施術には十分な説明を受けた上で行う必要があります。

ACR療法のデメリット

デメリットやリスクに関しても考慮

ACR療法は、美容医療法としては新しいタイプとなり、自分自身の血小板を使用することから副作用やアレルギーの心配はほとんどないとされています。

また、多くのメリットがあることも事実とはなっていますが、行う場合にはデメリットやリスクに関しても考慮した上で施術を受けることが大切なことになります。

ACR療法では、成長因子FGFや白血球を添加する場合や、何も添加をしないで注入を行う場合がありますが、原理としては、注入をすることでコラーゲンの生成を促し、皮膚が若返るというものになっています。

しかし、医師のレベルによっては膨らみ過ぎてしまうことがあり、場合によっては効果が見られなかったり、しこりになってしまう可能性があります。

この場合には修正が行なわれることになりますが、修正を行うにはある程度の期間が必要となり、概ね3カ月間程度の経過が必要となります。

また、ダウンタイムは1週間後程度と短いものの腫れが強く出てしまう場合もあり、実績がある医療機関でない場合などでは麻酔時においても強い痛みを伴うリスクがあります。

若返り効果が長く続かない。ACR療法の持続期間が短いため何度も施術が必要になる

ACR療法のデメリット、持続期間が短いなら病院へ!

通常は、肌に注入してから1から2週間程度経つと効果があらわれ始め、半年から1年程度は持続する治療方法です。しかし、肌質や表情筋を見極めて医師が注入する部位や量、濃度を誤ってしまうと数か月持たずにわずかな変化だけで終わってしまうことがあります。

何度も頻繁に注入すると針跡が残ってしまう懸念も出てくるため、未熟な医師による施術を避けて、実績がある医師のもとで受けることが大切です。

ACR療法の美容整形手術は自分の体の組織を使用するので安全性が高いのですが、効果の持続期間が短いといった一面もあります。

健康面への配慮からこの手術を希望される方が多いですが、効果の持続期間が短いために年に二度は手術を受けなくてはいけません。費用がかかることも注意して、手術を受けるか決めるようにして下さい。

後悔したくないならACR療法の「しこり・膨らみ過ぎる」リスクを知っておこう!

ACR療法の失敗でしこり・膨らみ過ぎる結果に、皮膚の表面がしこりだらけになることがあります。

ACR療法は肌のしわやくぼみ、深く入ったほうれい線などを改善させるために用いられる術式です。多血小板を気になる部分に注入すると血小板から出る成長因子が老化した細胞にアプローチすることで、コラーゲンやヒアルロン酸が生み出されて、肌質が若返りを見せる期待が持てます。

医師が肌の状態を誤って注入量を多くしてしまったり、濃度が濃すぎてしまったり不純物が入っていると、入れた場所にしこり・膨らみ過ぎるといった症状が出てしまいます。

皮膚がそのような状態になってしまったら、再手術を受ける必要が考えられます。再手術は無料でないこともあるので、施術前に受けるクリニックで確認しておくようにしましょう。

成分の効果が上手に体に馴染まない

ACR療法は自分の体の一部である血液の成分を使うので、他の皮膚再生手術よりも効果があると思ってしまいがちです。ですが、個人の体質によっては成分が定着しない・吸収されるといったことが起こります。

成分が再生されるには成分が体に適度に馴染むことが重要であり、そうでないとアンチエイジング作用が発揮されません。

ACR療法がうまく機能せず定着しない・吸収される

肌の再生に優れた効果が期待できるACR療法ですが、血小板はもともと止血や創傷治癒の働きをするものであり、注入する位置や量によっては肌の再生に使われることなく、成分が吸収されてしまうことがあります。

体質による個人差があり、経験が豊富な医師による施術を受けないと定着しない・吸収される結果に終わってしまって、見た目の変化が感じられない場合があります。注入後1から2週間で変化がない時には、医師に相談をしましょう。

ACR療法を上手く利用するには

色々と問題はありますが、ACR療法の美容整形手術は効果が高くアンチエイジングには大きなメリットがあります。手術で起こる問題は良いクリニックで受けることで、大幅にリスクを軽減できます。

手術を受ける際には安い料金で探すのではなく、金額が高くてもフォローがしっかりされている評判の良いクリニックがおすすめです。

おすすめの名医によるACR療法で悩みを解決する

施術自体はそれほど時間をかけずに終わるため、簡単な術式だと紹介されることも多いですが、仕上がりは医師の技術に左右され、不純物が多い状態で注入されるとしこりができやすく、最悪の場合手術による除去が必要になってしまいます。少しでもリスクを軽減させるためには、実績がある医師を選ぶことが肝心です。

当相談所では、おすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、しわやくぼみ、ほうれい線が気になる方はお気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。