フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

前額リフトに失敗するとどうなってしまうの?

失敗とリスク

フェイスリフトアップとは、顔のしわやたるみを改善するために皮膚を引き締める方法です。化粧品や美顔器などでもリフトアップという言葉が使われていますが、美容整形の分野でも同様に使われています。フェイスリフトアップはその部位によって名称が変わってきますが、そのひとつが額部分のしわを取り除く前額リフトがあります。

前額リフトの一般的な方法としては、生え際の皮膚を切除し縫合するというもので、これによって皮膚を引張ることでしわやたるみを目立たなくするというものです。顔のしわやたるみは目立つことで老け顔になるため、改善することで若いといった印象を与えることができます。ただし皮膚を引張り上げるというため、たるみなど大きな溝には有効ですが、細かい溝であるしわに関しては、それほど効果が得られないため、ボトックス注射などと併用するケースもあります。
なお、前額リフトの失敗としては、過度に引張ることによる不自然さや引張が足りずに効果を得られないといったことのほか、縫合跡が目立つといったものがあります。

前額リフトに失敗するとどうなってしまうの?

失敗例もあることに留意する必要

本格的な前額リフトを行う人はボトックス注射の登場によって少なくなっていますが、それでも長期間の効果を得ることができる方法であるため施術を行う人は多く居ます。一方で切開をともなう美容整形なので失敗のリスクもあることに留意する必要があります。

前額リフトの失敗としては切除する皮膚の量が多すぎて引っ張られ過ぎて違和感が消えないケースや反対に量が少なく効果を得られないといったものがあります。また切除するさいに神経を傷つけることで痛みやしびれが出るケースもあります。一方で生え際を切除して縫合する場合には生え際の後退によって傷跡が目立つリスクがあります。
効果が出ないといった場合には特に悪影響はありませんが、手術によって違和感が消えないような場合には、皮膚が馴染むまで待つしかありません。このため前額リフトを行うさいには事前のカウンセリングやシミュレーションをしっかりしてくれる医師やクリニックを選ぶ必要があります。

前額リフトの失敗

前額リフトの失敗として起こり得る「感染」いったいどういう状態に?

前額のリフト手術と感染。

前額リフトの美容整形手術を受けるにあたっては、切開をした部分の感染症には気を付ける必要があります。額や目元を若返らせるために、皮膚の切除を伴う美容整形になりますので、切開をした部分からの、あらゆる雑菌の侵入から、患部を守る必要があります。不衛生な手の状態で頻繁に触るようなことは控えて、できるだけ清潔を整える環境で過ごしましょう。切開で免疫自体も下がっているので、体調の管理もしっかり行いましょう。

前額のフェイスリフトと傷跡

前額リフトは手術の仕方によりますが、傷跡は確実に残ることになります。髪の毛のは家際に沿って、額の皮膚を切除をする方法は、生え際を不自然な形状にしないよう、病院でも工夫をして切開をしします。冠状切開の場合は、頭皮ごとの切除で額を若返らせるので、その分だけ切開パーツは広くなって、傷も大きく残るものの、頭皮の仲であるために、あまり目立ちはしません。皮膚が強くたるんでいる人には、向いている方法です。

前額リフトの美容整形と効果が無いということ

前額リフトで効果が無いというのはあまりない話ですが、おでこや目元以外の、顔をフルで若返らせようとしたら、それは効果がないと感じるかもしれません。前額のフェイスリフトの手術は、おでこや目元の若返りに特化している、フェイスリフトの美容整形手術だからです。おでこの皮膚のたるみも解消はされますし、特徴的なのはしわも一緒に切除ができるということです。おでこのしわを解消をするにも、適した美容整形です。

名医による前額のリフトアップの整形

名医の手がける前額のリフトアップの美容整形手術を行うことによりまして、おでこや目元の見た目の悩みは、解消をしやすくなります。下がってきた眉毛の位置は、手術によって高く調整ができますし、おでこからはたるみが消えます。それにおでこのしわもなくなりますし、おでこのしわやたるみを、手術によって予防することもできます。まぶたがたるむことで、三角目にもなりやすいですが、それさえも解消をすることができます。

ご紹介はお気軽にお問い合わせ下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。