フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

前額リフトに失敗4つと修正手術が上手い病院のご紹介

おでこの部分にたるみが目立ってくると、表面が滑らかでなくなったり、横に広がるしわが目立ってしまいます。

注射器で成分を注入することで、おでこの症状を改善することができますが、さらに高い効果を得るためには、前額リフトによる手術を行うのがおすすめです。

ですが、前額リフトを行ったものの、修正を希望する可能性というのも捨て切れません。理想的なおでこにならなかったり、やはり元の状態に戻したい時などです。

ただ、前額リフトはメスを使って皮膚に変化を加える手術になりますので、完全に修正できるとは限らないことを大事なポイントとして覚えておきましょう。このポイントを知らなければ、後悔することになります。

この手術を受ける際には、皮膚を大きく切りますので、傷跡が残ってしまうリスクが生じます。

傷跡を修正するにしても、全くのつるつるの状態に戻すことは難しいのが現状です。しかし、腕のよい医師であれば、限りなく目立たない状態にまで工夫してくれます。

前額リフトの修正

上手な医師・クリニックの特徴

前額リフトは失敗してしまうと、かなり不自然な印象になってしまう事が多いため、お金がかかってでも修正手術を受けたいという方がほとんどです。

修正手術となってしまった場合、再度高額な美容整形代がかかってしまいます。また、手術を受けるというのも、患者さんにとっては大きな負担です。

修正手術を余儀なくされるような仕上がりを避けるには、医師選び・クリニック選びを十分に行う必要があります。

前額リフトが得意な医師は、おでこのリフトアップだけでなくフェイスリフト全般の施術に精通しています。
前額リフトだけでなくフェイスリフトの症例数がどのくらいかを、チェックしてみましょう。

また、おでこのシワやたるみを解消する場合、フェイスリフトの技術や知識が高いのはもちろん、輪郭形成の美容整形も上手な医師を選ぶ事がおすすめです。

輪郭形成を得意とする医師であれば、不自然な印象にならず自然な形で、おでこのシワやたるみを解消してくれる可能性が高いのです。

また、実際にカウンセリングを受けて信頼できる医師かどうかも、見極める事も必要になります。

身近に美容外科クリニックが何か所かあるという場合は、1か所だけでなく数か所のクリニックでカウンセリングを受けてみて、信頼できる医師か判断してみましょう。

失敗とリスク

フェイスリフトアップとは、顔のしわやたるみを改善するために皮膚を引き締める方法です。

化粧品や美顔器などでもリフトアップという言葉が使われていますが、美容整形の分野でも同様に使われています。

フェイスリフトアップはその部位によって名称が変わってきますが、そのひとつが額部分のしわを取り除く前額リフトがあります。

前額リフトの一般的な方法としては、生え際の皮膚を切除し縫合するというもので、これによって皮膚を引張ることでしわやたるみを目立たなくするというものです。

顔のしわやたるみは目立つことで老け顔になるため、改善することで若いといった印象を与えることができます。

ただし皮膚を引張り上げるというため、たるみなど大きな溝には有効ですが、細かい溝であるしわに関しては、それほど効果が得られないため、ボトックス注射などと併用するケースもあります。

なお、前額リフトの失敗としては、過度に引張ることによる不自然さや引張が足りずに効果を得られないといったことのほか、縫合跡が目立つといったものがあります。

前額リフトに失敗するとどうなってしまうの?

失敗例もあることに留意する必要

本格的な前額リフトを行う人はボトックス注射の登場によって少なくなっていますが、それでも長期間の効果を得ることができる方法であるため施術を行う人は多く居ます。

一方で切開をともなう美容整形なので失敗のリスクもあることに留意する必要があります。

前額リフトの失敗としては切除する皮膚の量が多すぎて引っ張られ過ぎて違和感が消えないケースや反対に量が少なく効果を得られないといったものがあります。

また切除するさいに神経を傷つけることで痛みやしびれが出るケースもあります。一方で生え際を切除して縫合する場合には生え際の後退によって傷跡が目立つリスクがあります。

効果が出ないといった場合には特に悪影響はありませんが、手術によって違和感が消えないような場合には、皮膚が馴染むまで待つしかありません。

このため前額リフトを行うさいには事前のカウンセリングやシミュレーションをしっかりしてくれる医師やクリニックを選ぶ必要があります。

前額リフトの失敗

前額リフトの失敗として起こり得る「感染」いったいどういう状態に?

前額のリフト手術と感染。

前額リフトの美容整形手術を受けるにあたっては、切開をした部分の感染症には気を付ける必要があります。額や目元を若返らせるために、皮膚の切除を伴う美容整形になりますので、切開をした部分からの、あらゆる雑菌の侵入から、患部を守る必要があります。

不衛生な手の状態で頻繁に触るようなことは控えて、できるだけ清潔を整える環境で過ごしましょう。切開で免疫自体も下がっているので、体調の管理もしっかり行いましょう。

前額のフェイスリフトと傷跡

前額リフトは手術の仕方によりますが、傷跡は確実に残ることになります。髪の毛のは家際に沿って、額の皮膚を切除をする方法は、生え際を不自然な形状にしないよう、病院でも工夫をして切開をしします。

冠状切開の場合は、頭皮ごとの切除で額を若返らせるので、その分だけ切開パーツは広くなって、傷も大きく残るものの、頭皮の仲であるために、あまり目立ちはしません。皮膚が強くたるんでいる人には、向いている方法です。

前額リフトの美容整形と効果が無いと

前額リフトで効果が無いというのはあまりない話ですが、おでこや目元以外の、顔をフルで若返らせようとしたら、それは効果がないと感じるかもしれません。前額のフェイスリフトの手術は、おでこや目元の若返りに特化している、フェイスリフトの美容整形手術だからです。

おでこの皮膚のたるみも解消はされますし、特徴的なのはしわも一緒に切除ができるということです。おでこのしわを解消をするにも、適した美容整形です。

薄毛の原因を作り出す危険

傷跡が残るとはいえ、前額リフトでは頭皮の部分にメスを入れますので、顔を見ただけで手術がばれることはめったにありません。

しかし、生まれつきおでこの範囲が広い人や、前髪の生え際の毛が薄い場合には、傷跡の修正をしても目立ってしまうリスクが高くなります。女性よりも将来薄毛になる確率が高い男性は、特に気を付けましょう。

メスの入れ方や縫合の技術が下手な手術医が行うと、頭皮の毛穴を傷つけて、薄毛の原因を作り出す危険があります。この場合の前額リフトの修正は極めて難しいと考えておきましょう。

このような失敗を防ぐためには、きちんとした技術を持つ医療機関の選択が重要です。口コミの評判に頼るのもよいですが、名医の紹介や相談にのってくれるプロを利用するのもおすすめです。

技術の高い医療機関で手術を行ったとしても、その後のアフターケアを怠れば、修正をしてもよい効果がもたらされないことが多くありますので、手術後は患部をいたわりながら過ごすようにしましょう。

名医による前額のリフトアップの整形

名医の手がける前額のリフトアップの美容整形手術を行うことによりまして、おでこや目元の見た目の悩みは、解消をしやすくなります。

下がってきた眉毛の位置は、手術によって高く調整ができますし、おでこからはたるみが消えます。

それにおでこのしわもなくなりますし、おでこのしわやたるみを、手術によって予防することもできます。

まぶたがたるむことで、三角目にもなりやすいですが、それさえも解消をすることができます。

ご紹介はお気軽にお問い合わせ下さい。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

見た目の印象が劇的に若返る前額リフトですが、未熟な医師が施術を行った場合、失敗したりトラブルが起こるリスクが高くなります。

もし、失敗してしまった場合は修正手術を受けなければいけないケースも出てくるので、前額リフトを受ける場合はフェイスリフトを得意とする医師を見つけ出す事が仕上がりを大きく左右すると、覚えておくと良いでしょう。

医師の技術や知識の高さを判断するには、フェイスリフトの症例数や学会への参加などを比較する事をおすすめします。

ただ、自分で症例数や学会への参加の有無といった情報を集めるとなると、かなり難しいと感じる方も多いでしょう。

情報を集めるだけでも時間がかかってしまいますし、その情報を自分で比較し、より良い医師を選ぶというのも大変な作業です。

もし、前額リフトを受けたいけれど医師選び・クリニック選びに悩んでいるという方がいらしたら、当相談所にご相談ください。

当相談所で巷で名医として有名なご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

前額リフトはもちろんフェイスリフト全般や、輪郭形成の美容整形も得意とする、技術・知識に優れた医師がいる当相談所おすすめのクリニックをご紹介しています。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。