フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

裏ハムラ法(トラコンハムラ)のリスク6つ

美容における悩みは人それぞれですが、顔のたるみというのはある程度の年齢になれば誰しも出てくるのではないでしょうか。

特に、目の下のたるみは深刻に悩んでいる方が多いです。

たるみというか、目の下が膨らんで、その下に影ができているという方は非常に多いですね。
これは、目の下の筋肉が衰え、眼窩の脂肪を支えきれなくて、この脂肪が飛び出してきてしまっている状態です。

軽いふくらみであれば、眼輪筋のトレーニングなどである程度目立たなくすることは可能ですが、大抵の人はかなり目立つようになってから気づくので、既に脂肪の分皮膚が伸びてしまっている可能性が高いです。

こうなってしまうと、眼輪筋を鍛えても、伸びてしまった皮膚は余ったままになって余計たるんで見えてしまいます。

この飛び出した脂肪を平らにしてたるみを目立たなくする方法として、裏ハムラ法という整形術があります。
目の下のたるみなら裏ハムラ法と言われるくらい、人気のある術式なのですが、どんな術式にもリスクはあります。

裏ハムラ法(トラコンハムラ)のリスク6つ

裏ハムラ法(トラコンハムラ)のリスクまとめ

裏ハムラ法(トラコンハムラ)に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。

それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、裏ハムラ法(トラコンハムラ)のリスクに関する特集ページを作りました。

リスクを回避するためのクリニック選びもお気軽にご相談ください。

裏ハムラ法のリスク

改善しない・効果が無い

裏ハムラ法(トラコンハムラ)のリスクとして目の下のクマ・たるみが改善しない・効果が無いが有ります。裏ハムラ法(トラコンハムラ)では目の下のクマ・たるみ改善の効果がありますが、施術者・医師の技量によります。

裏ハムラ法の場合、結膜側からのアプローチとなりますので、皮膚の切除は出来ません。
そのため効果が無い事例があります。

効果が無い場合には、修正やメンテナンスをしなければなりません。

こちらのご相談所では上記のリスクを回避するために、技術の高いドクター・クリニックをご紹介いたしております。

ちりめんじわが改善しない

裏ハムラ法(トラコンハムラ)のリスクとしてちりめんじわが改善しないが有ります。

この手術ではちりめんじわが改善しない点は、誤解されている方がいらっしゃるのでお伝えしておきます。

裏ハムラ法(トラコンハムラ)で注意しなければならないリスクとしてちりめんじわが改善しないは覚えておいてください。

内出血・腫れ

裏ハムラ法(トラコンハムラ)では、ダウンタイム中に内出血・腫れが生じます。

内出血・腫れに関しては2週間程度続く事がありますので、ダウンタイム中はマスクなどを付けて外出しなければなりません。

術後の後遺症が強く出る事もある

裏ハムラ法はメスで下瞼の裏側を切開し治療する方法です。

医師の技術力不足によっては、血管を大幅に損傷させる事が起きる可能性もあります。

このような失敗があると腫れと内出血が強く出る事があり、完治するまで長引く可能性があります。医師の技術力と共にアフターケアの内容がしっかりしている事が重要です。

効果が実感できない事もある

裏ハムラ法は、目の下のクマやたるみを取る整形です。

皮膚の表面に傷跡が付かないという事で大きなメリットがあり人気の方法です。

プチ整形とは違って効果は半永久的に続きますが、高い技術力が同時に求められてクマ・たるみが解消しない事例もあります。万が一失敗すれば再手術は更に高度となり困難となります。

くぼみが生じるリスクがある

裏ハムラ法では、下瞼の脂肪を取り除く内容です。

仕上がり予測を誤って必要以上の脂肪除去をしてしまうと、下瞼の周辺がくぼむ事になります。医師の経験不足や未熟な技術力によって過ちが起きてしまいます。

くぼみを修正するには大変な作業となる為、手術事例の多い医師による確実な治療が大切になります。

医師にはかなりの技術が要求される

眼窩の脂肪の飛び出しによる目の下の膨らみの治療としては、脱脂術が主流です。

脱脂術とは、その名の通り飛び出した眼窩の脂肪を除去してしまう方法です。

下まぶたの粘膜から器具を通し、脂肪を吸い取ってしまいます。
余った皮膚は、切除して伸ばして縫合します。

この方法だと、少し傷跡が残ること、時間がたつと凹みが生じて表情が不自然になる可能性があるという欠点があります。

その点裏ハムラ法だと、下まぶたの粘膜から器具を入れるのは同じですが、脂肪を抜くのではなく、ふくらみの部分の脂肪をその下に移動させて平らにするという方法なので、時間がたっても凹みが生じにくいのです。

また裏ハムラ法だと皮膚の切除もないので傷跡も目立ちにくいのですが、リスクとしては全てを裏側から行うので視界が悪く、医師にはかなりの技術が要求されるということです。

視界が悪い分、左右差も出やすく、たるみはなくなったものの、凹凸のないのっぺりした顔になってしまうこともあるようです。

慎重なクリニック選びが大切

裏ハムラ法は、顔の印象を効果的に変えてくれる治療法でクマやたるみを改善には優れています。

しかし、中には効果が無かったり失敗例もあったりで難易度が高い方法でもあります。

クリニック選びには、無料カウンセリングを受け自分のイメージに合った医師を選択する必要があります。また、美容整形相談所では名医の紹介も行っておりおすすめです。

以上、裏ハムラ法(トラコンハムラ)における代表的なリスクについてまとめました。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。